スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

北海道ランダム日記・馬

8月14日、北海道最終日。
牧場めぐりをたくらんでいたのだが、事前にまったく下調べをしていなかったワタシ。
直前まで行けるかどうか、わからなかったからなぁ~

桜で有名な二十間道路の始まりにある、案内所を訪ね、アロースタッドだけは見学できそうとのコト。案内所のおば……いや、おねえさん達。外で待っているえる3が珍しかったらしく「「足からまりそうに長いね」「幾歳なの?」とあれこれ尋ねられる。

aro.jpg



一眼レフのヒトもいれば、けーたい撮影のヒトもいる。
「サニーブライアンって、こ~ゆ~馬なんだよ」と、連れの女性に解説しているヒトもいる。
ワタシにとって、サニブ-は「エアーブラシ外注」料金を払ってくれた、エライおうまさんである。

sanibu.jpg


大穴高配当(その節はありがとう)ニ冠馬、サニーブライアン。さかんに、ぐいっぽするサニブ-。
ぐいっぽとは、柵だの手すりだの齧って、空気を入れてげっぷをするとゆ~、はなはだ馬にとっては危険な(消化器官に空気がたまると大変なことになるのだ)癖なのだが…ず~っと、やってました、彼。しかもその後の顔が…下唇伸びて、すっごくアホ面……


bra.jpg


そのお父ちゃん、G1、大舞台に強いホームランバッター、ブライアンズタイム。
もう20歳くらいじゃぁなかったかなぁ? でも、身体も若々しく、顔が細面でやさしい感じ。
いまのところ、後継の筆頭はトップガンか…サニブ-、隣の馬房でぐいっぽしてる場合ではないぞ(いや、そこそこがんばっているけどね)。


seiun.jpg



平成版「白い逃亡者」セイウンスカイ。菊花賞の確信犯的逃げは素晴らしかったのに、なんで「押さえる競馬」を教えてしまったんだろうなぁ~同期のスペシャルウイークもキングヘイローも、いいコが出ている…ノーザンダンサーのクロス馬って、今、主流か。傍系にされちゃったが、ハイペリオンがいなければノーザンダンサーもなかったんだから、セイウンスカイに種付けさせてやってくれぃ!! 
ず~っと、見学者の方に顔を出して、壁で頭かいてたりして、なんだかお茶目だったなスカイ君。


turu.jpg


勝負が決してからの怒濤の追い込み、ツルマルボーイ。
母ツルマルガールも父ダンスインザダークも、橋口センセに愛されていたから、幸せなヤツだったのだと思う。で、橋口師に縁の深いアンカツさんでG1勝ったのだからなぁ…
あがって(繁殖に入って)まもないからか、なかなか顔を見せてくれなかった。「うるせ~んだよ、見学者っ」て、激しい雰囲気がある。「現役競走馬のテンションってもっとすごいんだろうなぁ」と思わせてくれたツルボーであった。

sakura.jpg


境センセと小島センセの夢、だっただろうサクラローレル。
ワタシにとっては、当時大好きだった「ハギノリアルキング」に負けた馬である。
杤栗毛のグッドルッキングホースだなぁ、と思っていたのだが、ホントに美しく目の輝き・意志が違う感じだった。ここにはメジロライアンもいたのだけど。見学者に顔を見せない双璧が、ライアンとローレル。自分の価値を知っているのかなぁ。そ~はいっても、種牡馬として段違いの筈の、ブラ爺は見学者にも慣れたものであったが。

zenno.jpg


5本足のG1ウイナー、ゼンノエルシド。
なぜか、藤澤センセの外国馬。キンノホシとかタイキウルフとかブリザードとか、エルシドとか。
ちょっとじれったくて、自分勝手なオトコ馬系。エルシド君、馬っけ出して走っていたと思えない程、雰囲気はおっとり、おとなしかったなぁ~お隣が「ぐいっぽサニブ-」と「大御所ブラ爺」で、なにやってるんですかぁ~って見てるようなエルシド君。カーリアン直子はズブイコが多いので心配だが…がんばれ! いまこそ「5本目」の足を使う時じゃぁないか!

wing.jpg


お父ちゃん、アサティスの近くに息子が2頭。
工藤-南井ライン、中央ダートG1の申し子ウイングアロー。第一回のJCダート、ペースを作ったアメリカの馬……名前を忘れた…彼も凄かったのだが。超ハイペースを、一気に後ろから飲み込んだアローの足はすごかった! 年々メンバーが淋しくなるJCを凌駕してるなぁ~と思った。
その後、地方との交流戦が整備されて、国内決定戦としてもJCダートは面白くなっている。ウイングアローは「ダートのニホンピロウイナー」なのかもね。ダート体系が整備されていくところに現れた、強い馬という意味では。
で…アロー君は目元涼しくハンサム君なのだが。ず~~っと、ぶんぶん顔を横に振っていたのは、何故??

smato.jpg


京都1800ダートが職場、スマートボーイ。
いやぁ~~ワタシの好み! 黒々したたてがみに、きれいな鹿毛。すっきりした可愛い顔……おお~こんなにキレイなお馬さんだったのねぇ~身体は薄く、ダート向きの感じではやはりなかったけど。だからこそ、京都の1800だったのかなぁ? ハナを切らなければダメ、でもスピードで圧倒するわけでもなく、パワーも感じなかった。ちょっと情けないけど「好き」な場所では気持ちよく逃げていたボーイ君。お嫁さんが集まっているかは…気になるところではあるが、と、ゆ~か集まらないかもしれないが。「京都ダート1800」と連想ゲームをしたら「スマートボーイ」と答えるヒトは沢山いるだろう。そういう風に、記憶の中でず~っと愛される馬の1頭だ、彼は、きっと。

スポンサーサイト

2006.08.16 | Comments(3) | Trackback(0) | 競馬

コメント

ありがとう!

愛するサクラローレルを写してくれて!!
元気なのねぇ~嬉しいよぉ。
小島フトシオー(爆)の夢…
良太さん(息子はさん付け?)の夢…
そしてあたしの夢でもありました。
にしてもこのページふぁる父がかぶりつき間違いなし!(爆)

2006-08-16 水 20:20:12 | URL | ぬえはは #vOjMd4VU [ 編集]

残念!

ライアンの写真がない…
顔を出せライアン(笑)

2006-08-17 木 10:03:30 | URL | ちろるまま #- [ 編集]

見学時間1時間だからにゃ~

小島フトシオー…息子は「さん」付け…なんだか、えらく納得。
ローレルもパサちゃんのように、ヨーロッパ長期滞在だったら、凱旋門勝ってても不思議じゃぁなかっただろうなぁ…馬場の重かった中山記念とオールカマ-の走りは凄かったと思う。それを比べると…ディープが通用するとは…思えないんだけどね。

「あ、ライアン顔出した!」って、皆が殺到して、ワタシが行った頃には…ひっこんでる……
なんとか撮りたいと、うろうろしてたら1時間なんて「あっ」とゆ~間なのね……
ライアン、モヒカンじゃぁなかったかも。以外とアンバーシャダイに似てるんだな、と思ったのだ。うう…ブライトと親子3人並びが見たかったなぁ~~

2006-08-17 木 19:08:20 | URL | ちん #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

ちんまり

Author:ちんまり
東京のチベットに生息。
エルフ・ノエル・ジュエルの、玉付きなのに呑気な3ウイペット(通称える3)と九官鳥「こた様」と、フリスビーの日々。
ダンナもふくめて、思いっきりマイペースな集団はB型とゆ~しかあるまい。

HPはこちら
http://2.pro.tok2.com/~mamu2/

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。