スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

最後の最後で.3

ボキは雨よりどろどろに不安がある。朝から皆でコート整備し、その後、水たまりに土を入れたので「最悪、どろどろ」状態だけはまぬがれた。ボキはやや(やや…ってゆ~か、良い場所がスタートライン近くになかったしなぁ)荒れた場所を避けながらのゆっくりな戻りだったけど、しっかり走ってくれた。
じゅ~も、もボキもヒトの気持ちしだいだって、終盤になって痛感したシーズンだった。網タイツだけは、さすがにイヤだったみたいだけど、ボキ…ワタシは、ウイって習慣で学ぶから、たまにイレギュラーがあるのがいいのかと思ってる。「そんなこともあるんだよ~~」って。ボキはこのところ、ワタシとレディスに出たり、ペアに出たり、そういうコトも良い方向に出ている?

ちろパパとじゅ~でペアっていうのも、その辺りの「身勝手な戦略」? ちろパパに「思いきり投げて」なんて言って。あのじゅ~では投げられんだろうって!…‥ごめん!ごめんなさい! でも、楽しかった。ワタシがつまらないコトに動じなくなれば、じゅ~は動くと思うから。また、よろしくお願いしますね。

ウイは自分の群れの中が大好きだから、時折違うことがあると、いいんじゃぁないかなぁって、思う。ちろるとペア、もいいかなぁ? スタンとペア、ちーとペアなんか、どんな感じだろう? 承諾をいただけるのなら、び~ち♪とソランと、う~んフラッシュとなんてやってみたいが(それは、おまえの勝手だろう)。

そんな、ある意味のんきな話はともかくも。

最高峰では。
少年漫画のごとく…ある意味、ありえない超越している2人。
シリーズ最終戦、現在のポイントランキング1位・2位がそのまま、決勝を迎えるなんて。

黄色い方は「仮想ファイナル」なのか、確かに零パパが言うように、昨年のグラチャン終了後の会報で「緊張を最終戦をピークにして、ファイナルに行く」って書いてあったと思うけど。1R・は向い風。K祝さんが後ろに待機していて1投ごとにアドバイスを入れる…う~ん、普段のシリーズとは違うんだなぁ。黄色い方も、珍しく高め「らしくない」スローがあった。1R向い風スタートにしても、黄色い方らしくない28P。

ちーは…いやぁ、いつもち~。自分自身が凄いことを、自身が知っていると思う。それは、勝負を知っている零パパがいるからこその、相乗効果だと思うのだ。ちーは、その気持ちに応えようとしているからこそ、三角目になり、帰りの車で眠らないちーになる。向い風でスローが伸びないのを「許せない」と思っているのは、きっと零パパなのではないだろうか? しかし、きっちりまとめて31P。

2R、黄色い方は、追い風でいきなりのデッドエンド!
ここ一発、必須なところでデッドを入れて来る強さ。うわ~今日も、せんせは強い、崩れるシーンが想像できないよ、と思った。2Rは42Pなんだもの…おそるべし、ミニョン&黄色い方。

零パパは朝から、昨日のチキンカツの残りにノリ弁とゆ~「そりゃぁ、ほぼ油だろう」メニューだったらしく。そもそも、この最終戦で、そんな食事でなくても吐きたくなるような状況だったとおもうぞ。
けちゃPが「さんざん吐きながらプレイしてた」って、以前言ってたこと、ワタシも「吐くくらい」自分を追い込んでも、笑ってディスクできる様にならなきゃ、ダメなんだ、と。初日の1Rのあと、震えていた自身の足を見て感じた。
モチベーションを高めるために、いい方向で自身を追い込んでゆけるのが零パパなのだと思うのだ。
長くバイクレースをやってきて培ってきた精神力は、黄色い方にも負けないだろう。胃のムカムカをけろりと吐いてきての2R、黄色い方には及ばないものの38P。1P差での決勝ラウンドとなったのだ。

ワタシの決勝R読みは結構当る。
なんとなく、その日の流れで「こっちだろう」って。しかし、1R目がどっちスタートかは、全くわからんのだが。2日目、最終戦も最終、オーラスもオーラス。決勝、どちら側だろう、とダンナが言った時、ワタシは「絶対、こっち」と追い風側を指す。んで…ホントに追い風側になったのだけど……

たまたま、関東勢の結果を関西勢に伝えるために、本部にポイント確認に行ったダンナ。
ちょうど、決勝のコイントスに立ち会ったのだそう。当然、1位通過の黄色い方が投げるのだが…コインを手の甲でキャッチして、開ける前ならば「これはダメだからもう1回」とか「今のはコインの回転が悪かったから」って「やりなおし」をしても…いいの?!……いいらしい。
んで、決勝はしっかり追い風側と決定。
今シーズンの黄色い方、零パパと闘うのが楽しそうだった。「シリーズは絶対渡さないからな」って、やんちゃな顔で笑っていた。
ミニョンとちーの足は互角だと思うし、最後は紛れのない追い風で勝負!

シリーズの決勝は、ほぼ真っ暗。雨は降り続いているし、足元は滑る。と~ぜん、ビデオも写らないぞ。厳しい状況で、3位通過だっかなぁ?のてっちゃんが、確かりんちゃんで30何ポイントを、おそらくパーフェクトで(ひでぇ記述ですみません)、追い上げをかける。
2位・ちー&零パパは「手巻き寿司~~」の声とともに、攻める攻める。うん、きっと攻めたのではない、パパの背中が「楽しそう」だった。
零パパが決勝でぴったり2位につけていても、あっさり1P差でかわして行く黄色い方…そういうゲームが何度もあった筈はないんだけど、印象としては。いつも「決定的」だ、って勝ち方。で「楽しそう」だった、いつも。

あっというまに、闇が増してくる1Rごとに。その暗さの所為か、足場の悪さのせいか。黄色い方が、零パパとの対戦で始めて乱れた。フラッグに流れるスローが2本あったかと思う。終局、黄色い方の目標は、シリーズチャンピオンでグラチャン、で、グラチャン連覇なのだろうけど。このシリーズ最終戦で、ちー&パパにとどめを刺せなかったのは…怖いよ、きっと。

ちー&零パパ、せんせを撃破してのシリーズ優勝、おめでとう!
関西勢も盛り上がったんだろうなぁ~~

黄色い方、ありがとうございました。
零パパを通して、楽しくも勝負にいけるココロを、教えていただきました。
おちこみまくりの北海道で、せんせの笑顔に救われました。

え~あれこれ、明日に続く。


え~っと、再び・じゅ~とワタシ、公式の発表でファイナルに残ってなかったら大笑いしてください。

スポンサーサイト

2007.11.12 | Comments(0) | Trackback(0) | フリスビー

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

ちんまり

Author:ちんまり
東京のチベットに生息。
エルフ・ノエル・ジュエルの、玉付きなのに呑気な3ウイペット(通称える3)と九官鳥「こた様」と、フリスビーの日々。
ダンナもふくめて、思いっきりマイペースな集団はB型とゆ~しかあるまい。

HPはこちら
http://2.pro.tok2.com/~mamu2/

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。