スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

ボキ、走る.2

さて、ワタシはのん吉と3日間ビギナー。
初日1Rからいきなり3キャッチの4投! おお、のん吉、いいじゃん!…と
思ったのもつかの間であった。2Rから戻りがアヤシクなり(なんとか1キャッチ)。
2・3日目はまず15mラインで「がじがじ」続いて7.5mラインで「がじがじ」。「ライン際の攻防だ」とユ○カさんのMC。でもって「さすがに血が繋がってるなぁ、える父ちゃん、そっくり」って零パパ……あのぅ、繋がってませんから。
のんのんの集中は1日しかもたないのね、やっぱり。でも、まぁ楽しそうではあった。

ボキはなんだか、このところ元気である。
暑かった初日も「くるくるエルフ君」炸裂してたし。コンスタントに(ボキなりに)良く走っているのだ。ただ、ダンナのスローが…風に意識しすぎるのか、流れたり速かったりでキャッチに至らないのが、惜しい。3日の間には1R4投3キャッチもあったのだけど。
まぁ…ダンナの場合、前日の酔いが朝まで残っていて、妙に饒舌なトキ。こ~ゆ~トキは全くダメなのを、ワタシは知っている。

のん吉は事前で3日目ビギナーエントリーをしていたので。とりあえず、じゅ~の3日分エントリー、初日と2日目をのん吉に回して。「ボキとペアに出ようか…?」とダンナと相談の上、2日目にエントリー。走らなかったら、走らないでいいや、と思っていたのだけど。

前述の通り、2日目は涼しく過ごしやすかった。ワタシとダンナとの入場で、一瞬ボキ「??」となっていたのだが、いきなりワタシのみぞおちに「えるふ君、は~い!」と一発ジャンプ。あれ? もしかして、やる気あるじゃぁない、ボキ。
1投目、しっかりキャッチしたが戻りはやや遅く、2人で駆け込んでの呼び戻し。その後、ダンナがユースでの投げがウソのようなナイススロー。ワタシは速めを意識したか、左に流れるものの、ボキしっかりキャッチしてくれた。

んで…場内が沸いていたのだそうな。「エルフが走ってるよ!」って…
本部のU田さんも「エルフが走ってるよ、動画撮らなきゃ」とか言っていたそうな。
なにものなのだ!?ボキ?
って…ウイペット星人なんですけどね。

今大会のペア。初日はレイラ+りん母ちゃん&レノンパパが、2日目はレイラ+りん父ちゃん&レノンママが、入場行進だのペアルックだの、シンクロ入場だの(鼻に洗濯鋏をつけていたらしい)で、楽しく盛り上げてくれた。フラッシュ家夫婦ペアは、ラインジャッジは当然「N村シフト」って下がり~の「N村さん、デッドでしょう??」とゆ~つっこみ周りから入りまくり(大旨ワタシ等がやっていたのだが)。なんだか、とっても楽しいペア大会だったぞ。

じゅ~さんは、諦めきった顔でおとなしくしておりました。えらいよ、うん。
とは言え、3日目の表彰式ではテノンを頭に、父ちゃん兄ちゃんと「4連結」をやっておったが。エネルギー、滾りまくり。
じゅ~の内出血の件については、リクさま=とこりさんから、詳しく所見をいただいたので、後程こちらに書きますです。

印象的だったのは、O谷さんがデールとシリーズ決勝に残ったこと。3日目、ジャスミンパパが、我慢の我慢のスローで決勝に残ったこと。

山形組のみなさま、ごちそうさまでした、ありがとう。
monパパ、今回は不調だったけど、おそらく原因ははっきりしていると思う。また、精進いたしましょう、お互いに。炊き立てご飯、美味しかった、ありがとう。
もちろんウイ軍団含む、皆様方に感謝感謝。
ありがとうございました、またお会いいたしましょう。

スポンサーサイト

2007.09.26 | Comments(0) | Trackback(0) | フリスビー

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

ちんまり

Author:ちんまり
東京のチベットに生息。
エルフ・ノエル・ジュエルの、玉付きなのに呑気な3ウイペット(通称える3)と九官鳥「こた様」と、フリスビーの日々。
ダンナもふくめて、思いっきりマイペースな集団はB型とゆ~しかあるまい。

HPはこちら
http://2.pro.tok2.com/~mamu2/

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。