スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

TIGAご満悦.2

ボキのユースは大雨の中だったのだけど。
コートの状態が良く、水も浮かず、勿論足元がどろどろになどならなかった。
戸惑いながら、なかば前足を上げながら(やめていいですか?のポーズ)でも、ボキはしっかり走った。
ボキはダンナと一緒に走って戻ってくるとテンションが上がる故、ダンナはノーキャッチのディスクは拾って、一緒に走っての戻し。
「雨でも、楽しいよ」って、ダンナがボキをのせてのせて、手前で回らないように、スタートラインにちゃんと戻るように。ボキはシッポふりふりしながら、ダンナを見て戻ってくる。ボキとダンナの信頼関係はちゃんとあるのだ。
まぁ、ポイントには…なかなか繋がらんが。
しかし、不思議系のボキであるが(ウイはそれがスタンダードだと思っているけど)息子555とじゅ~の方が「不思議度」が高い。なにせ、ボキはコート内で「やるの?」って意欲のシッポを振るけど、じゅ~のしっぽ振りは「停止・方向転換」のみ実用系、ふぁいもそんな感じ。しかし、じゅ~と違って、ふぁいはコート外では、振りまくりですが。

雨に弱いのはやはり、じゅ~でなくワタシ。
レインコートを着なきゃ、帽子を被らなきゃ、しかし帽子から雨が落ちるのもうっとうしい、余分に着てゴワゴワするのが嫌い…んで、しかも富山は寒かった。
ず~っと練習も悩んでいて「ワタシのスローってどんなスロー?」と、また迷宮入りしていたのだ。
距離を出すためにラクに肘から抜いての遠いリリースをやってたら、肝心のスナップでディスクが立たず、フラットもしくはアンハイ気味に出て、引っ張ると右に流れ、引っぱれないと左に力なく刺さる。
ぐわわ~~じゅ~も雨まじりで戸惑いながらの顔だったけど、ワタシがちゃんと投げられれば問題なかった筈なんだよなぁ。

零パパは前1週間、毎日投げ練をして、富山に臨んだのだそう。
肘を使って、ショートにリリースしてディスクが安定している。なぜか、リリース後に「とってつけたようなフォロースロー」がはいって、ふと右手が踊っていたりするのは「バネ投げ」の残滓かしら。
零ママは初日のみ、零パパとオープンを2日間(おそらく)パーフェクトだったTIGA&零家チーム。
初日のちー&パパも、5位から「商品券」圏内にまくっての3位だった。
でも、零パパは「ウェットコンディションではなく、ドライで」勝たなきゃ、と常々言ってる。
バイクは…ともかく? しかし。フリの「ドライでの」は、次の日に炸裂するんだものなぁ!

ちーとママは1・2Rとも26Pを安定してポイントしてのTOP通過だった。
どこか「投げきれない」びびりスローを繰り返しているワタシって…情けない。零ママはあの場所で堂々と投げている。
どんなスローをしたいか、ってのは、ワタシのこだわりなのだけど「じゅ~に合っているディスク」と勿論考えているし、リリースの「際で自由自在」が出来るようになりたいのだけど。
大会の現場では、じゅ~の顔を見て「笑っているかな、楽しいかな?」が一番大事で…うう~「どれかひとつだけなんとか」って…ナイか、ますます難しいか。

ちーは、浮いていれば低くても早くても確実にキャッチし、しかも見せ場たっぷりの見事な浮きのジャンプキャッチ。手元は完璧である。う~ん…「ちーはいいよ~」とあちこちで皆様からの評価があるが…おそらく、今フリ界では「日本一いい」ウイペットなんではないだろうか。

ママとの決勝もパーフェクトで終えてレディス優勝。

ボキの息子、じゅ~の兄弟とも思えないちーと、零パパ&ママの大会での勝負強さ。
のんきな我が家にとっては刺激になり、楽しい。
「あのTIGAは実はボキの息子なんですよ!」と…とても誰も思わんだろうが、ひそかに嬉しいじゃないの。

富山の夜は¥400の銭湯へ。
石鹸・シャンプー・タオル類をここで購入するとなると「割高」なのだが、
その辺りを持ち込むのなら、脱衣所もゆったり、中は露天&サウナもあり~の洗い場も広くてお得。
ワタシ等「赤いカラン・青いカラン」が懐かしいねぇ~なんて、話をしちゃうあたり、その世代な中年。

食事は有名なきときと寿司。零家在住の●●ではつぶれてしまったそうだが……
こちらではナビ検索すると、あちらこちらでHITする。
シャリが回転系では珍しく固めで、ネタの種類も豊富。

さてここで問題です。「ふくらぎ」って、なんでしょう?


ブリの幼魚をこのあたりでは「ふくらぎ」とゆ~のだが。
ワタシが実家で食した刺身というと、この「ふくらぎ」か、もしくは「なんだかわからん白身の昆〆」
で、ふくらぎは美味かったし好きだったのだけど、さして高い魚ではなかったのだろう。
カンパチの食感をもちっとしたよ~な感じで、さっぱり。上品なカツオ? 脂のりのりのブリとは全然違うんだなぁ~

久しぶりに食して、しかも「握り寿司」として食べるのは初めてだったが、やはり美味かった。

でもね…チェーンの「きときと」より、金沢の名も無い回転寿司の方が……美味しいよん。
て、コトは富山のふつ~の回転寿司も美味しいのでは。

う~ん、やはりフリレポではない。
帰りたくても帰る場所がなくなったワタシが、その近隣で「臭い」を懐かしく思い出したと、そんな話になりそうです。

スポンサーサイト

2007.05.21 | Comments(2) | Trackback(0) | フリスビー

コメント

めでたい

零家の皆様、のんちゃん、おめでとう!
コーシング組もみんな頑張ってたよー!
チロルは遊びに行って見てただけ…いやルアーなんか別に見たくもないってさ。

2007-05-22 火 13:53:18 | URL | ちろるまま #N14IgqJs [ 編集]

見たくもない…

そうだ。コーシング組のお話を、読みに行かなくては…

のんちゃんも頑張りました、ありがと!
TIGA&零家は…すごいとしか言いようがなかったよ。

コーシングに関しては…ボキもじゅ~も「それナニ?」って言う。「ナニが楽しいの?」って…これはウイらしいのか、ウイらしくないのか?

2007-05-23 水 19:10:46 | URL | ちん #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

ちんまり

Author:ちんまり
東京のチベットに生息。
エルフ・ノエル・ジュエルの、玉付きなのに呑気な3ウイペット(通称える3)と九官鳥「こた様」と、フリスビーの日々。
ダンナもふくめて、思いっきりマイペースな集団はB型とゆ~しかあるまい。

HPはこちら
http://2.pro.tok2.com/~mamu2/

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。