スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

ウイが歩けばウイにあたる.1

ウイ軍団がたくさん集まったので、久々、早くフリレポを書かなくてはと…
風があったのと、カメラの不調で、ポイントは正確ではない&映像のない部分が多々、すまん!!!


3.31野田大会初日。この土曜日は当初「雨」予報だったのだが、関東方面は金曜のうちに雨模様となり、大会での降雨は免れた。前日入りの零家からは「コートの目印が何もないよ~、場所がわからないよ~~」とのTEL。
我が家が朝、到着した時もかろうじてラインだけはあるものの、本部もないしポールもなけりゃフラッグもない。タープもまばらで、こりゃまた、のんびりの大会になるんだろうなぁ~と思うワタシ。

零家軍団がダカダカとやってきた。え~っと…あれ?この顔は零ちゃん…にしては小さい?? あれ?
1.2…と数えてみたら、ウイ5頭いるではあ~りませんか!! 先日の大会でひきとって来たのだそう、新顔のミルちゃん♀6ヵ月。顔が零家系なので一瞬解らなかった…って、注意力なさすぎだろう、ワタシ達。

M島さん、本日はビヨンとユースだそうで。ユースウイ軍団には迷惑な話である…staten家も到着。FN家もやって来た。やや肌寒い陽気は、ウイ達には走りやすいだろう。「打倒!ビヨン子」と…行きたいものですね~(無理?)。
先日の野田とは90度向きを変えての設営のコートである。以前の大会とは風が変っているらしく、やはり結局・横風。1Rはゆるい向い右からの風、2Rは向い時々追いの、ゆるい左からの風だったろうか。

ちー坊&パパ・オープン。
1Rは右からの風で上げると流れる。さ程の強風ではないのにオープンのひとビトも案外、ポイントが伸びない。1本目、左場外をマリンP、またも絶妙の「アシストキック」でお皿は即、コートに復帰。その後4キャッチで26P。
2R、右にギリギリのディスクをちー、フォロー。1本右USアウトがあったものの3キャッチでの24P。とにかく、ディスクが浮いていさえすれば「間違いなく、捕る」ちー坊だ。縦に豪快にジャンプキャッチを決める、ちー。ここまで違うか兄弟なのに。じゅ~は「ててて」と走って「あらよっと」と捕るヤツである。

テノン&ママのビギナーは「ママと遊ぶの」モードなのか、やはり。ディスクを拾って戻って、コート後ろに突き抜ける抜けるテンテン。去年のじゅ~を見ているようだ(未だに危ないけども、じゅ~)。なかなか空中キャッチに至らない、スタン兄譲りで追い越しては振り向いて、タイミングを逸してしまうのね、テンテン。

サルーキのターニャは、パパとチャレンジ、ママとビギナー。
意欲があって、行き足もいいターニャ。ママのスローはこれからであるが、パパはコートで修正しながらのスローが出来ていたと思う。じゅ~って、サルーキっぽいよなぁと思っていたのだけど。退場の時「もう終わり? もっとやろうよ」とパパの背中にアタックするターニャは、じゅ~の何倍もテンション高いぞ。

ユース軍団。
スタン&パパ1R。1キャッチの後、いつもの迎え撃ち。パパママ各々が、今までは後ろで待機していたのを、スタンがちょうどキャッチする辺りのサイドで、待つ(キャッチの声をかける?)コトにした様。ところが、ママのいる場外にディスクが出てしまい、スタン君はそちらを気にしながらの戻りとなってしまった。2キャッチ8P。
2R、1本目キャッチの後、芝刈りスロー。この時はやや追いで沈む風だったか。その後も惜しかったものの、ディスク先行。う~ん、捕れそうなのだけど…1キャッチ3P。

ボキ&ダンナ、やはり回り込んで見失い捕れず。ディスクを齧るボキ。2本目はキャッチして…7.5mエリアでおなじみ「くるくるエルフ君」炸裂。3本目もキャッチして余裕で4本入るかと思ったら…10秒前から、ゆ~~~っくり、7.5mエリアを回って、きっちり「0」でスタートに戻ってくるし……12P。
2Rはなんだか、ノリが良さそうで2キャッチ。後ろに応援団がいたからかどうか、お調子者のボキ、ゆっくりでも確実にスタートラインに戻って来た。3本目を草刈りし、ディスクを齧るボキ。ダンナ、呼びに行けよ~~!! と、見たら靴紐を縛り直している。どうせ4投だから、と思っているのか? それがなかったら5投出来た「かも」とワタシは思った。やはり、紐のないサンダルが一番である(そんなワケない!)。
4本目もしっかりキャッチで17P。う~~ん、もったいない。

スタン&ママ、1本目キャッチから。右に流れるディスクが2本、低めの4本目をキャッチしたスタン君、やはりコートサイドのパパを伺いながらの戻り。しかし、5本目もキャッチ、12P。
2R1本目回り込んで捕れず。2本目もファンブルだが、ママのスローはいい。やや立てて引っ張る感じが風に合っている。その後2本キャッチし、ほぼ同じコースに出したラスト1投を、残念、キャッチならず。12P。
向い目の方が、しまいが速くならないのでスタンが「ディスクと競争」しないからイイと、statenママ。スローは気持ちよく出せたし、スタンもキャッチがあったし。零家差し入れの純米酒を「呑むよ~」って、珍しく結構呑んでましたな。スタンチームも、まだまだ、またこれから良くなって行くのだろう。

ぬんぬんの進歩がすごい。
ここでいいかげんなコトを書けないので、詳しくはFN母blogで……http://blog.goo.ne.jp/falnue/e/8ddb45e5843fcc0bf3b10d89c128df08
しまいがホバるディスクも待てるようになってきた。後ろから見ていたら、絶妙のポイントで母は投げ込んでいるし、戻り足もどんどん速くなっている。コートの中での成長著しいぬんだけど「犬が捕れてこそ、ナイススロー」とゆ~絶対原則をぬえ&母、あるいは公式小型の人々を見ると改めて感じるのだ。
ワタシは自分が「溜める」タイミングを変える事で、じゅ~のテンションが低い時にも対応できるようになってきたかなぁと思う…少しはね……。

ぬえぼはその後、チョビパパとのペアにも出場。
チョビパパ…う~ん、やはりやや高めのディスクだよ。ぬえに出すのは難しい~~(ぬえの鳴く夜は恐ろしい~~みたいだな)。何故か、母とチョビパパで、揃って場外があったりして「お笑いぬえぼ劇場」はペアにて続編なのか? しかし、達人ペアであるから一旦呼吸を掴んだら、快進撃が始まりそうで楽しみなのだわ、ワタシ。そうそう、名カメラマンチョビパパ、いつも御功労様です。

ぬえは最近、ユース決勝の常連。この日も残ったのだが、やや疲れがあったのか(母にあったのか?)残念ながら表彰台には登れなかった。
母、ふぁるさんと公式小型も出てましたから、んで、決勝を待つまでもなく優勝決めてましたから。

スポンサーサイト

2007.04.02 | Comments(2) | Trackback(0) | フリスビー

コメント

ミルさん…

考えてみたら血統的にはミルさんとぬえって同じだよ。
ミルさんの父はぬえの父と確か従兄弟。
ミルさんの母はぬえの母のお里。
この先楽しみであるねぇ。

んで…ここに書くのは違うかもだけれどちんしゃん2日目爆発だったのね!
ラウンド30p羨ましいぞぉ。
ぬえロングはダメみたいだし。
(待ちきれないのでスットコする)
うちはチマチマ行くしかないのかもねぇ。

そして…ティガさんは凄い。
ぬえと同じ犬種とは絶対思えない。シビれるゲームありがとう!!

あぁ~また育成してみたくなってきたよぉ~(爆)

2007-04-02 月 22:00:59 | URL | ピグモン #vOjMd4VU [ 編集]

そ~だったのか!

ミルさん、誰かに似てると思ったら。身体つきはぬえに似てるよね? まぁ…大体何処かで繋がってたりするけど、ウイペット。
そうかぁ、ミルさんもディスク、やるかもしれないね。

いやぁ、やっと出た30P……
じゅ~はデッドでも問題ないよね、おそらく。ぬんは直に捕れるようになりそうな気がする…このところの進歩を見ていると。そしたら8×5=40いけるじゃん!!

ちー坊は、おそらく、ウイじゃありませんから…

で…次は何を育成するの? 再びウイ、行きますか??






















2007-04-03 火 17:54:39 | URL | ちん #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

ちんまり

Author:ちんまり
東京のチベットに生息。
エルフ・ノエル・ジュエルの、玉付きなのに呑気な3ウイペット(通称える3)と九官鳥「こた様」と、フリスビーの日々。
ダンナもふくめて、思いっきりマイペースな集団はB型とゆ~しかあるまい。

HPはこちら
http://2.pro.tok2.com/~mamu2/

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。