スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

またしてもつくばに集う.1

この3連戦を楽しみに、投げ練もそこそこにせっせと仕事していたワタシ。
朝到着したら「へろへろ」の自分がそこにいた。悪いへろへろではなく「ああ、楽しいなぁ~来られてよかったなぁ~~」と語尾が伸びる感じの脱力と言うか。

しかし、statenパパなんぞは殆ど毎日寝てない状態での2連戦だった。よくまぁ…身体がもつものだわ。

雨の心配もややあったのだが、薄曇りで無風のコンディション。富士・豊橋・足利…と来て、やっと風から解放されたかと…この日は思ったのだが(そうは、いかない)。

TIGA&パパのオープン1R。零パパの顔を見たHさんが「TIGAさん、来たねぇ~」と言っていたそうな……あのう、人間は? ちーはひとりでは来られませんけども。
相変わらず、肩甲骨が痛くなりそうな「バネ反発力スロー」気味ながらも、5本パーフェクトキャッチからのスタート! おお、いいスタートだなぁと…2R、いきなり場外から。無風の追い風側なんですけど…かえって力むとゆ~トコロか。
その後3キャッチも、ラスト1投が時間ギリギリで、無情にも場外。22P。もう1キャッチあれば決勝だったか、残念~~
パパはF本先生の握りなどもしっかり研究中。先生はリムに当てている人さし指を、スローの前には中に握り込んでいるんだそう。スローを良くしようと意欲的な零パパだ。

チロル&ママはチャレンジでBコートである。
B側は風があると、遮るもののない真横となってしまうのだけど、本日は無風。1R、ママのナイススローがど真ん中に入り、ちろるもいい感じで追うのだがノーキャッチ。だが、その後は順調に3キャッチのちろるだ。やや浮いて落ちるディスクも、しっかり待って捕っている。進歩してるよ~~ちろる!
ところが、2R。追い付いているのだが、3本、口に当てて落としてしまう。4本目はディスクがやや速く、捕れず。惜しいなぁ~~ママは落ち着いて、ちろるに合ったディスクを出していた。着実に進歩しているが…今年は春が早そうなんだよね、冬ウイ・ちろる、これからダイジョブか!?

ユースはstaten家とちろる&パパ、ボキ&ダンナ。
スタン選手、相変わらずものすごいテンションで、パパの持っているディスクを「投げる前」にひったくる勢い…1R、パパのスローは良いのだが、相変わらず「止まらない男」スタン君である。それでも3キャッチで18Pといいスタート。
2R、今度はパパに登らんばかりの勢いで、跳ねるはねる。彼のありあまるエネルギーは、ディスク程度では不完全燃焼なのか?! またも追い付いて回るスタン。う~~ん0P。スタンのスタートを見てからでは、ディスクを前に出すのは難しいのか…?

ところが。ママとは合わせてくるんだよなぁ~スタン。
スタン&ママ1R、よく見て2キャッチ。右左に流れるディスクがあったからね、9P。ママのスロー、以前のように前に突っ込まなくなり、投げ終わって「くにゃっ」としなくなって安定感が増している。グローブのグリップも良いのだろう。2Rもやや流れるディスクを「こ~ゆ~のが得意(?!)」とスタン君、キャッチ。一旦ファンブルしたディスクも、しっかり再キャッチ。5本パーフェクトで22Pだよ、すごいじゃないか、スタン&ママ。

ちろる&パパ1R。やはり、ママとの時と同じ様に「追い付くも落とす」からスタート。1キャッチの後、どうもスタートエリアにすんなり戻らず。後ろにいるママの様子をうかがったりしていた。8P。2Rはミドルに飛んだディスクを見送るちろる。う~ん、この日4R目で疲れてきたのか。A・Bコートの雰囲気も違うし、戸惑うのかもしれない。ちろるパパは徐々にディスクの飛距離を縮め、ちろるもしっかり追ったのだけど。1キャッチの4Pで終了となった。

ボキ&ダンナ1R。1投目はお約束の「くるくるエルフ君」。7.5mエリアで「くるくる」。それでも、ダンナ必死の「走り込み・呼び戻し」で4キャッチ。……んで、なんで21Pなの、ダンナ?? 2R、ボキキャッチの後、ダンナが7.5mエリア前まで呼び込みに行くと……その前、15mエリアで「くるくる」するボキ……で、またもラインズマンを一瞥しながら、ゆっくり戻る。それでも3キャッチで18P、この日パーフェクトである。ダンナ次第かなぁ。

じゅ~&ワタシ、レディス1R。1本右場外で3キャッチ18P。2Rのワタシは朝のへろへろから、べろべろになっている状態とゆ~か(決して酔っぱらいまくっているワケではない)。力まず投げたら、1本USアウト、1本ロングで3キャッチ20P。なんだか「あ~楽しかった」とゆ~気分であった。いつも、こういう心境でリラックス出来たらよいのだけどねぇ。

TIGA&ママ、レディス1R。ややディスクが流れる。左場外が2本で2キャッチ12Pは、無風の状況を考えると、このチームらしくない。2Rも右場外が1本。それでも、低めに速く流れるディスクを、ちーがしっかりフォローして、4キャッチ20P。注目されているチームだからか、やや固くなってしまうんだろうか、ママ。

しかし! ビーチ&マリンママ、七福&ママ、555&ママでの3MENでは555、3キャッチと大活躍。ママのスローも良かった。555、すでに以前の低めのディスクしか捕れなかった、ふぁいではない! きょうだい達の進歩においていかれない様にしないとなぁ、じゅ~!
で、このメンバーでチャレンジコートでは当然…56Pで優勝~~

テンテン&ママも、Bコートでビギナーに出ていたのだけど。A・Bが重なっていたのか見られなかったのだ。映像をチェックしたところ…後ろに突き抜けが数回。んで、戻って来る時はしっかり「カメラ目線」だった。どうした、コートに慣れ過ぎたか、テンテン!?

ぬえ&FN母&ちょびパパのペアデビュー。2投ノーキャッチの時点で、本部のタイマーが回っていなくて仕切り直し。ラッキーとちょびパパ踊るも、その後もやはり…2投ノーキャッチ、っておいおい。ちょびパパのミススローをぬんが捕れず、ちょびパパはぬんの元に走る!…って、コーギーじゃぁないんだから、そんなにロングの奥まで走ったら……ウイの戻り足に追い付く筈もなく、必死で走るちょびパパがそこにいた。それでも、母と1キャッチ、ちょびパパの低めの速いミドルを1キャッチ。これから楽しみなペアなのだ。

じゅ~&ちろパパ&ワタシ。
この日のペアはレディスの前のプログラムであった。ワタシ6、ちろパパ8、ワタシ6、と順調にキャッチしたんだけど…ちろパパの4投目に「はっ」と覚醒したらしい、じゅ~。「ちんちゃんが、投げるんでしょ?」ってワタシをじ~っと見る。ちろパパのディスク、追わず。んで、ラストはワタシが場外……ううう…今回は気付くのが早かったよ、じゅ~。

ふぁる姉さんの様子がなんだかおかしかった。どうも…出足も戻りも鈍い。「まさか、また何処か傷めたとか…」なんて、心配していたら。その夜、豪雨に豪雷。
翌朝「それだったらしい」とFN母。気象を読むのは母だけではなく、ふぁるこさんも、だったのね。

夜はお風呂に行き、ワタシは早々に眠る。ダンナはお風呂でみーさんに(やや)暴言を吐いたらしく、和尚タープに謝罪に。なにやっているんだか、ホント。

スポンサーサイト

2007.02.16 | Comments(0) | Trackback(0) | フリスビー

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

ちんまり

Author:ちんまり
東京のチベットに生息。
エルフ・ノエル・ジュエルの、玉付きなのに呑気な3ウイペット(通称える3)と九官鳥「こた様」と、フリスビーの日々。
ダンナもふくめて、思いっきりマイペースな集団はB型とゆ~しかあるまい。

HPはこちら
http://2.pro.tok2.com/~mamu2/

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。