スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

久々のディスク

明日から千葉ポー大会。
お天気もよさそうなので、コートの状態も心配ないだろう。

歩きと自転車引きの3週間。じゅ~足は少し柔らか筋肉になってきた。
その土手沿いの散歩コース脇に、フリスビーコートが一面入りそうな、
タープを周りに、ぐるり張ったとしたら目一杯くらいのサイズの、
手ごろなグラウンドを見つけた。
下も土ではなく、一部芝もどき雑草とゆ~感じ。

そこで、久しぶりにじゅ~とちょびっとディスク。
なのに、ワタシのスロー。思いきりがないというか、遠慮があるとゆ~か。
情けない、めちゃめちゃ流れるし。
じゅ~は、と言えば。
キャッチしてグラウンドをぐるぐる走ってディスクを齧って穴だらけにしてぐるぐる走って齧って…
久しぶりのフリーランだからしょ~がないが、戻ってきやしねぇの。

ボキはいいテンションでやってたし、のん吉もキャッチできないながらも、楽しそうに追っていた。
のん吉、走り方がスムーズになっていたのは自転車引きの所為だろうなぁ。
歩きもキレイになっているのだ、のん吉。

さて、大会のお楽しみと言えば、
メルシャン「本搾り」を朝からぷしゅっと、やるコトだったのだけど。
キリンと業務提携しちゃったかなんだかで、今現在「本搾り」在庫なくなったら終わり状態らしい。
4月からはキリンで出すらしいし、酒屋さんでもらって実際呑んでみた感じでは、
まったく同じものだったから、もうしばしの我慢か。


08_2_27.jpg


う~ん、ボキと言えば「毛布に布団」なのか?

スポンサーサイト

2008.02.29 | Comments(4) | Trackback(0) | ウイペット

キャ~~!

そこには、のん吉しかいない筈なのに…
後ろに、のん吉の下に、えるボキの下半身が写っている!!




そ~ゆ~風に見えない?
ちっちゃいボキの上に、のん吉が乗ってるように。
いや…勿論、白いのはのんのんの下半身なんだけども。

のん吉、自転車引きすると彼だけ「走って」いる。
親子は速足のペースなんだけんども、ひとりだけギャロップ。
足の長さが違うのか、どうか。

だものだから、肉球に血豆ができてしまった。
親子は速めのペースで、ダンナと長めに自転車。
のん吉は、休みを入れながら、ワタシと後から歩いていたりする。
でも、のんは「いっしょに走りたいぞ~~」って、ぴょんぴょんするのだ。
ちょっとずつ、がんばろうな、のん。

じゅ~はじゅ~で、ワタシと離れて走っていると「ちんちゃんがいないの」と、
気になって、ペースが落ちるらしい。
筋肉も柔らかくなって、しこりもなくなって来たぢゅ。お前もがんばれ。
フリ大会の映像を再生してると、ぢ~っと見つめて、
ナニか言いたそうな顔をして、こちらに目線を送る、今日この頃のじゅ~である。

やる気は、あるらしいぞ。

2008.02.26 | Comments(4) | Trackback(0) | ウイペット

持って産まれた

土曜日、友人夫妻ときりたんぽ鍋を食す。

恒例、ダンナからワタシ(ってか、我が家)へのお歳暮で、
お届け時期を3月まで選べるという商品だが、もう、お歳暮とかゆ~時期じゃないって。
地の野菜に地鶏で、以前MONパパに頂いたモノと内容は同じだったのだけど。
…MONパパにもらったヤツの方が、はるかに美味かったのは何故??

んで、なんでか「麻雀でもやろうか」という話になり。
ダンナ、マットと牌をいそいそと揃えたりして。
友人の奥方は初体験だったので、ダンナはオープンで説明しながらのゲーム。

しかし…ワタシもすっかり忘却の彼方だったぞ、麻雀。
学生時代バリバリやってたなら忘れないんだろうなぁ~~
ほんの一時期、会社の連中と囲んだだけだし。
なまじ、事前に書籍で知識だけつけちゃっているだけに、
「ヘタうったらいかん」とか気を使うばかりだった。

のんびりの半荘。
ワタシも無茶なカンしてみたり、無茶なリーチしてみたり。
しかし…手積みである。なんかモロに「そのヒトのツキ」が出ちゃうみたいなのである。
リャンシャンテンからど~やっても必要牌が入ってこない、ワタシ。
それにひきかえ…友人の奥方は初めてなのに、いい入りしちゃうんだよなぁ~~

タンピン3色が出来かかってたりして。
横で教えているダンナが「なんでこんなに奇麗な手が入るんだ?」と驚いてたりして。

しかし、久しぶりの麻雀(もどき)は楽しかったのであった。





じゅ~は足も速いしキャッチの感覚もいい。
きっと、持って産まれたものはTIGAも555も同じ。
のんびりおっとりに育てちゃったのは、ワタシと父ちゃん兄ちゃんの所為だもんな。

そうそう、555&ママ、レディス優勝、おめでと~~♪

2008.02.25 | Comments(2) | Trackback(0) | 日記

存在するんだ

ミクシのウイのコミュニティを見てたら…

いるんだ!?
ウイとボーダーのMIX!……いた。

もしかして、とっくに皆さま、知ってた?

カラーはボーダーで毛足が長目、しかし、顔も耳も体型もウイな感じだったぞ。
う~ん、どんな性格なんだろう…気になる。

2008.02.21 | Comments(9) | Trackback(0) | ウイペット

規則正しい生活

ず~~っと、図版とつきあう日々。
教科書なんかのビーカーだのの実験の図~とか、人工呼吸のやり方とか、
まぁ、そういうモノだ。単純作業でせっせと線を描きこむ。

朝6時か7時から始めて、昼には1時間投げ練して、える3の散歩を1時間して。
午後5時か6時までまた作業。
夜はこた鳥を遊ばせながら呑んで、9時から10時には布団に入り、
その後2時間余り雑誌だのまんがだの小説だのを読んで、就寝。

…大会に出てないと、これを延々と繰り返す日々。
人間と言えば、ダンナの顔しか見てないし。
規則正しく、軽い運動もしてるワケだし、しあわせなひきこもりの毎日。

んでも。ああ…大会に行きたい、みんなに会いたい。





ワタシの寝床は、える3の為に敷きっぱなしである。
勿論、干さないとゆ~ワケではないが、なにしろ冬場は、
干したからといって、さしてふわふわにもならんし、
ふわふわにもならん程、お陽さまのパワーが足りないのだから、
える3には「暖かい場所」が必要だし。

以上、敷きっぱなしの言い訳でした。

2008.02.20 | Comments(3) | Trackback(0) | 日記

夢見るおばさん

ちょびっと、フリ大会を休んでいたら、夢にそれが出てくる。

以前は「インドアお座敷フリ大会」だの
「コースが分かれていて、外枠内枠で投げの不利があるって競馬場か?! フリ大会」
だの、わけのわからん夢を見ていたが…

昨夜の夢。いつも投げ練をしている公園に、突然ヒトが集合し、大会が始まる…
とゆ~…なんだか都合のいい夢だったなぁ。
「駐車場はどうしてるの?」と聞いたら、
「○人公園の駐車場を使っている」と…って、実際にはそ~と~遠いんだけど、それ。
夢の中では納得しているあたり、やはり夢である。

ダンナは最近、ほとんど夢を記憶していないのだそうな。
ワタシ、今これを書き始めたら、昨夜の夢の細部を思い出したぞ。
大会の、に加えて「とりあえず、会社勤めだから給料は出るだろう」と、
昔日勤めていた会社にいる夢を見たのは…
仕事に対する不安感だろうなぁ~そりゃそ~だ。





ホットカーペットのうわがけが、あたらしくなったのね。
それは、うれしいんだけど…
今日もじてんしゃで走るだけだったのね、ちょっとなぁ~
なんだかなぁ~~
の、ぢゅ。  がまん我慢。

2008.02.19 | Comments(2) | Trackback(0) | 日記

実は筋肉がなかった

今週のえる3は、ちゃり引き週間である。

ワタシは徒歩で歩きである。とりあえず、外に出たら一通りうん○を拾わないといけないので。
まぁ、かなり速いペースの歩きだから、最初のウォーミングアップとしてはよろしいかと。

近くの河川・土手沿いがサイクリングコースになっているので、そこでややスピードアップ。
ダンナがえる3と行ける場所まで(橋がかかっている場所だけどね)行って、
自分のペースで歩いているワタシのトコロに、戻ってくる、と。

ボキは「スノーモービル追いかけ事件」があったオトコだから、自転車引きは結構嬉しいらしい。
目をキラキラさせて「ダンナ、もっと速く走れ」……って、言うけど。
バイクならともかく、そんなにスピード出ないから。

ぢゅ~は、自転車引きだけでふつ~の遊びがないのがつまらないらしく、
帰宅すると、今お気に入りの「きゅっきゅニンジン」を持って来て「あそぶ~~!」って
鳴らしまくりである、うるさいっつ~の。

のん吉は…ばてていた。
普段、フリーランをさせていて、のんが走ろうとすると…白い親子が追っかけてくる。
ボールもディスクもそれ程集中して遊ばないオトコ、のん吉。
実は運動、かなり足りなかったとゆ~コトか。
「筋肉が柔らかい」と、思っていたのが、そもそも「筋肉がなかった」?!

まだまだ寒いし、ボキもとても若いとは言えないし。
じゅ~にとっても、のん吉にとっても丁度いいかもしれないなぁ、ちゃり引き。

ちゃり引きのスピードに合わせづらいからか、どうか。
じゅ~は、長い足がからまりそうになりながら、走っていて可笑しい。

2008.02.18 | Comments(1) | Trackback(0) | ウイペット

子犬見物

行ってきました東京H田。
1週間前に産まれたばかりのウイペットだよ~~ん。

当然、まだ目も開いていないのだけど、耳はそこはかとなく「ウイ」してるし。
おっぱいと、仲間とかあちゃんの臭いしか解らないだろうに、
それぞれ行動に個性が見られるんだものなぁ~1週間で。
















子犬を見に行っただけだとゆ~のに、色々とごちそうさまでした♪
ありがとうございました!
しかし、7ぴき。ひと月後…一体どんな騒ぎになっているやら楽しみだ。

2008.02.17 | Comments(9) | Trackback(0) | ウイペット

ぢゅには言いたい事がある

歩け歩けのお散歩である。
安っすいチャリでいいから購入して、来週あたりはチャリ引きを始めなくては。

と、ヒトは「それでぢゅ足を鍛えるしかない」と思っていても…




この納得していない顔。
「はしりたい・ボールしたい・ディスクしたいの」って、元気余りまくりである。



20080214173851.jpg


えっとね、遊べないからダンナのこかんに入りたいんだけどね、
父ちゃんがいるの…


20080214173902.jpg


無理矢理入る。





08_2_11_1a.jpg


皿大会のウイ軍団はちー坊主・スタン選手・じゅ~と欠席続き。
皆、はやく回復して、またコートで走りまくりましょうぞ。

しかし、staten家テノン君は元気である。
初日・3日目と(2日ともペアに出てたりして)大活躍だったね~~
テノン、すっかりキャッチ率が高くなっている。まぁ、初めてのペアで1分過ぎに…
「まだ、おわってないの?」と問うのはお約束でしょう。

元気なB&T家&ちろる家は、くきざき日・月の参加。
ダッぴゅのプレイを全く見られなかったのだけど…
なにせ、もう、ビギナーで5回目の優勝が時間の問題である。
場所に慣れて来た感じだし、チャレンジをコツコツやってもよし、
ビギナーであれこれ試してもよし、なのだろうなぁ。

Mちゃんとテリ坊のユースは、出場の度になにかを掴んでいると思う。
近いうちに…ナニかが起こるぞ、きっと。
で、B&Tじ、は。月曜のペアで
「久しぶりにテリ坊と投げられる」のが、なんだか嬉しそうだったよ。

しかしウイ家族、3日目のペアはちろ・ちろパパ・ワタシに、テリ坊・Mちゃん・じに、
ボキ・ダンナ・ワタシに、テノン・statenパパママとゆ~ウイだらけだったので…
しかも我が家は「仕込みをしなくては」いけなかったので…
B&T家のペアが記憶にございません…もしかして、同ポイントだったのがB&Tチーム??

ちろるは2日目の「どろどろコート」をいやがっていたって、聞いた。
3日目、スタートの雰囲気はいい感じと、ワタシは思ったのだけど。
どうも…なんだか「言いたい事」がちろるにもあったそうな。
そんな状況で、じゅ~の代打でペアをお願いしてしまい、申し訳ない。
また、おつきあいくださいませ。

2008.02.14 | Comments(7) | Trackback(0) | ウイペット

50目前のナース(しかも、男)

水戸黄門は「じじい」ではなくては、と。ダンナが再放送を観ながら言う。

東野さん黄門育ちだから、そ~思うんだな、って、ワタシもそうだけど。
東野さん、クセのあるじじいであったし、ワタシ達が子供の頃には、
そんなじじいが沢山いたような。
いまや、60代ではお肌つやつや、とても「じじい」とは呼べないものね。
んなコト言ってる、ワタシ達も「40にして不惑」どころか、「50にして惑いまくり」だろうし。
おそらく60になっても、仮面ライダーの新作を観て、面白がっていると思うもんね、ワタシの場合。

つくばの3連戦。
初日に帰宅したら、東京は予報どおり雪になり、2日目の朝、道路は一部凍結。
毎年、冬が近付くと、ダンナはタイヤを替えていたのだが。
スタッドに履き替えていなかった、今冬に限ってやたら雪が多いってか。
なつかしい「マーフィの法則」ってヤツかしらん。

そういう、東京にしては日照時間の少なく、寒い冬の所為か。
また、じゅ~が足を傷めてしまった。
普段の散歩では、長く歩かせ軽く走らせ、ウォームアップをとっていたのだけど。
秋○瀬公園で準備運動を怠って、軽くディスクをしていた時に急なストップが負荷になり、
内出血がまた、みられたのだ。

内出血自体は軽くて、回復も早かったコトに安心(慢心だろう)して、
大会で走った結果が、また肉離れ。

父えるボキも堅い筋肉質で、冬場は要注意だったのだが。
今年は内股の筋肉が柔らかく、元気にボールを追ったりディスクを追ったり、
じゅ~を追ったり(追われたり)している。

ほぼ2シーズン、ぢゅとあちこちの会場でディスクをして来て。
手元は問わないから、フリスビーをやっていても「フリーラン」をしている様にと。
楽に走れたら負担が少ないか、と、思っていたのだが。

える父はフリ大会に出始めたのは、5歳過ぎてからである、
ぢゅは1歳半から始めている(って、言っても遅い方か。ふつ~はもっと早いか)。
どうも、このあたりで、きっちり「ぢゅ改造計画」を、たてないといけない。

皆様に、またじゅ~を心配していただき、声をかけていただきました。
ありがとうございます。飼い主の不徳としか、言い様がない。

それは、それとして。
ボキとダンナとワタシのペアは、ファイナルを目指すべきであろうか??

ボキも3月には8歳。
まぁ、犬的には立派に「じじい」の域に入っているだろう。
ヒトも…むむむ、なんだけどね。
つくば3日目、ユースもエントリーした所為か、ペアでは「弾けるようなエルフ君」ではなかった。

会場の状態と相談し(ぐちゃぐちゃコートはボキ、大嫌いである)、
3日目「もう1エントリーがあれば、ユース15チームになるかも」との情報で、
ユースに出たんだけどね。結局15チームにならんかったし。
う~ん、しかし、ボキ、このところ員数あわせばっかりやってるなぁ…

コスプレをやりながら、ペアでファイナルに出られる。そんな、甘くはないでしょう。
ペアの時はペアだけに、ボキを専念しないとなぁ…

って。
そ~思っているワタシは…「アレ」でファイナルに出たいのか??
…どうも、出たいらしい。
だって、つくば3日目にペアのMCやってたユ○カさんが言うんだもん。
「これで、ファイナルに出て欲しい」って……

「コスプレで出たら…面白いだろうなぁ」って、思ってしまうワタシは一体何んなのだ?!

しかし、次回は(次回があるのか?!)自分だけウケていないで、
しっかりMCをお願いいたしますよ、○タカさん。

2008.02.12 | Comments(4) | Trackback(0) | フリスビー

楽しみが楽しくないぞ

週末は雪の予報が出てしまった。

仕事もなんだかヒマで、不安な気持ちであわあわ過ごしているとゆ~のに。
せめて、フリ大会くらい楽しませてくれたって、いいじゃないか、天気!
土日にかけて降ったら、月曜は晴れたとしても「ぐちょぐちょ」必至。

なんだか皆「J」離れも進んでいる様子だし。
我が家も考えちゃうよね。
当日エントリーで天候の良いトキを選んで。
どこ主催でもいい、近場の大会へ出かければいいんじゃないかって。

まぁ…くきざき3日間、とりあえず食料と酒を詰め込んで、
行ってきますが。

08_2_8.jpg


Q. さて、この、じゅ~はどんな状況でしょう?
ヒント:しっぽ。

プップップップッ…ちーん!
正解は「爪切りをされている」でした~~
父ちゃん兄ちゃんが、先に爪を切られているのを見て、震えながら待機していた
じゅ~であったのだ。その場から、逃げないあたりはエライんだけどね。


08_2_8_2.jpg


陽だまりのえる3。
今日はこんなに良い陽ざしだったのに…
あったかい土手で遊んで来たのになぁ~
明日からは、ちょっとヤな天候になりそうだ、ごめんなぁ。



310_1.jpg


このSU-画伯のイラストみたいに。
「寒いから、今日の大会は遠慮させて頂きます…」とかって、
ボキがサンダル、隠したりして。
しかし、いいねぇこのイラスト。
ボキの雰囲気は勿論、のん吉の口元がそっくりでかあいいし。
ぢゅは、勿論「…」。

ありがとう♪ 使用させていただいちゃったよん、SUさん。
チョサッケンとか使用料とか発生したら、裁判でなく示談にしてちょ。

2008.02.08 | Comments(1) | Trackback(0) | フリスビー

春は遠い




える3は団子になって、離れないこの頃。
んとに、寒いって……

また雪がちらつく東京。ボキとじゅ~はあまり寒い時は走らせたくないのだ。
また、内股を傷めたらと思うと怖いし、ちと忙しい故、
ゆっくりウォーミングアップさせる時間もとれないし~~

勿論、グラウンドはぐちゃぐちゃなので、投げ練にゆく意欲もわかないワタシ。
結局、朝からず~~っとPCに座っていたのであった、なんか疲れたぞ。

つくりおきしておいた、ギョーザを呑みながら書いております。
冷蔵庫の残り野菜をぶちこんで、てきと~に作り、
冷蔵してしばらく経ってからが美味い…よ~な気がする。
作っている時、子供の頃にギョーザ包むのを手伝っていたっけなぁ、って思い出したり。

子供の手だから、上手く包めなかった(実は未だに、包むのは適当である、悪い意味で)。
でも、父は器用にすいすい、きれいなヒダを折って包んでいたっけ。
しかし、料理のいい思い出には、必ず父が浮かんでくる…ってのも、いかがなものか。

母は「手伝おうかなぁ、面白そうだなぁ」と、ワタシが料理に手出しすると、
「なにやっとるが、あんた!」と、叱責する母であったからにゃ~~

自宅仕事であったとは言え、まめに料理を作っていた父はすごいなぁ、と。
今だから尚更、思っちゃうね。

2008.02.06 | Comments(3) | Trackback(0) | 日記

アルゼンチンバックブリーカー

夜は、こた鳥が部屋で放鳥タイム。
ひととおり、こた様とえる3がおやつを食して落ち着くと、
ソファを背もたれにし、カーペットに足を伸ばしているワタシの「足の上」で
たわしの様に「ぺったんこ」になって、うたた寝するのがこた様の習慣である。

で、ソファの上では各々、枕だのソファのひじ掛けなどに頭をのせた
「える3」がいる。
じゅ~はほぼ、ワタシの後ろ。
最初はふつ~に、枕をして寝転がっているのだけど…
そのうち「ゆるゆる」モードになって、ワタシの肩に顔をのせたり。足をのせたり。




ところが、昨日はコレである。
わけわからん状態、じゅ~ソファから雪崩落としである。
ソファの延長として、ワタシを使用しているだろう、ぢゅ~~。
犬との関係としては、いかがなものかと言われそうだけど、
普段、ほとんど甘えないやつなので、これはこれで許しているんだなぁ。

2008.02.04 | Comments(3) | Trackback(0) | ウイペット

冬ウイ

豊橋遠征がなくなったので、土日は秋が瀬で遊ぼう! と。
近場の○口河川敷は、ぢゅ~が「恐ろしくクサイもの」をすりすりする、可能性が高く。
舎○公園は、そろそろ○人線の開通とゆ~コトもあり、ドッグランまでも一応ある故…フリーランはしづらくなってしまったし。

週末には誰かしら「投げ練」をしている、メッカとなっている秋が○。
きっちり、いらっしゃいました、皆様。
我が家は昼過ぎについて(皆、一通り投げ終わっていて昼食中だった)、
とりあえず、缶チューハイを早めに片付けて(それがなきゃ、いられないのか)、
練習とゲームに参加させていただきました、ありがと♪

次回はMCでもライン引きでも、なんでも、お申し付けくださいませ。

ヒトの投げ練はともかくも…ゲームで、あらぬ方向に走り出すボキとのん吉。
ボキはそれでも、いつもの大会と違うと戸惑っていながらも、結構走っていた。
のん吉も「それなり」に走ってくれたのだけど、臭いの誘惑に負け、結局、場外に走りこんでたね…

まぁ…なんと言っても、ぢゅ。
「ここは大会とちがうでしょ、じゅ~は遊びにきたんだから、好きな様にしたいし、
レディ・GOっていわれても、なんじゃそりゃ、と思っちゃうし」…と。
思っていたのか、どうかは解らないが。ディスクを追わず、
追わない故、ぽつん、と、コートに落ちた皿をワタシが捕りに行ったわけだ。
んで、後ろを振り返ってみたら…
スタートライン近くで「芝悶えじゅ~」を繰り広げておりました、コート内で……
しかも1・2Rとも。
ダンナ、はじパパに「こんなウイペットは見た事ない」と、言われたらしい。
ふふふ、実はこれが、王道のウイなのよ~~ん。
ディスクをちゃんとやっているコ達の方が、不思議なのだ(おい、言い切っていいのか、ワタシ)。

ともあれ、楽しゅうございました。
また○が瀬には「突然」お邪魔するので、よろしくね。

で、本日の東京は「東京にしては」とただし書き付きであるが、大雪。
ダンナに買い出しをしてもらって、普段見られない日曜のTVなど「ぼ~っ」と楽しんで、
呑みながら、半径を書いたりしているのであった。

08_2_3_1.jpg


羽毛布団・アンダー毛布に潜り込んでいる、ボキ。
布団の小山の後ろには、じゅ~が潜っていることは言うまでもない(ないのか?)。


08_2_3_2.jpg


ホットカーペットのうえで、さらに重なる、ボキとのん吉。


08_2_3_3.jpg


することがないので、おやつタイムになってたりする、える3。


08_2_3_4.jpg


んで、ついでだから耳かきされてる、のん吉。かあいいじゃぁないの。

豊橋のち~とパパは、決勝4位通過、とのこと。
さて…競馬も中止になっちゃったからなぁ~~ぼえ~っと呑んで、一日が終わって行きそうであるわ、ダメじゃん。

2008.02.03 | Comments(4) | Trackback(0) | ウイペット

アマゾンを彷徨う

本屋さんめぐりから、すっかり遠ざかっているこの頃。
故にweb上で彷徨う、って。今時当たり前か。

インキの臭いがする筈もない。店に並んだばかりの本を手に取って、
ぴしっとした小口とか帯の感触を楽しむコトもできないけど。重宝してます、アマゾン。

しかし…速いよね~~新刊なら夕方の発注で、翌日午後一番あたりに着いちゃう。
少しは「待つ」時間があるのも、わくわくして良いものなんだけどなぁ。
1円出品の文庫も「帯付き」から選んだら、上々の状態でやってきたよ。
その後、本がへたるまで読むワタシでも、これなら許せる。
…って、コトは、1度読んだら再読しないタイプの作家で「即、売り」か。
それとも、あまりの荒唐無稽にあきれて「即、売り」になるのかクーンツ。
大旨、そうらしいけど。

まぁ、書店で買い損なう(以前に、場所によってはまったく置いてなかったりする)
本が入手しやすいのだから…便利過ぎて不安、とか、21世紀になっても思っているけどね。

それとは別に、ディック・フランシスの新刊「祝宴」をstatenママに貸していただいたのだ。
ワタシが単行本では購入しない理由とゆ~と…「高価いから」…か、とほほ。
寝る前に布団の中で読むことも多いので「重いから」とゆ~理由もあるぞ。

「祝宴」は、フランシスの要素は満載なのだが、パスティーシュって言われてもおかしくない。
フランシス的な設定で構築してみました…と、そんな感じ。
主人公は冒頭から窮地にたってるし、その後も容赦なく精神的・肉体的に痛めつけられるのだが。

しかし、自身の立場も、成功も全て失うとゆ~程には、追い込まれないのね。
事件が次々に起きて、対応してのアクションはあるが、感情が伝わってこない。
フランシスは一人称でシリーズを続けてきたので、そのスタイルを変えることはもうないだろう。
(短編は、三人称ですばらしい作品を書いていたのになぁ)。

身近に自身を裏切っている誰かがいる、と主人公は疑心暗鬼になり、
フーダニットの要素があるから、全て「アヤシイひと」という描写になり、
どの人物にも好感をもてなかったら…小説に入ってゆけないでしょう。

主人公の職業が、問題解決の糸口にこれっぽっちも関わっていないとゆ~のも、初めてだったかなぁ? 
フランシス、家族との関わりがモチーフにある作品が多いと思うのだけど(肉親ではなく、家族である)。「祝宴」なら、義理の兄との確執と和解を丁寧に書いて欲しかった。
この主人公では…成功だけを望んでいる若いシェフ、で守るものは己の生活だけかい! と、
ワタシはそ~ゆ~印象だったぞ。

フランシスの新作が読める、のは、そりゃぁ嬉しい。
息子さんとの共著であっても(フランシスが全く関わっていない、とは思わないし、原書をワタシが読めるわけでもないが、息子さんの手である割合は大きいと思う)いつも新しいものを、最先端の描写をと書き続けているのは素晴らしい。のだが。

1950年あたりの、フランシスが現役ジョッキーであった頃の、物語を書いてくれないかなぁ。
アラブもアメリカも、ましてや日本など陰も形もなかったであろう、
まだ、王侯貴族健在でもあった、そんな時代のお話を。
88歳になる(んだよね??)フランシスに、昔語はいやかもしれないけど、
デヴォン・ロックの話を、フィクションとして書いて欲しいぞ。

小説にしても、まんがにしても、好きな作家が長く読めるのは…しかし、幸せ。

2008.02.01 | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

ちんまり

Author:ちんまり
東京のチベットに生息。
エルフ・ノエル・ジュエルの、玉付きなのに呑気な3ウイペット(通称える3)と九官鳥「こた様」と、フリスビーの日々。
ダンナもふくめて、思いっきりマイペースな集団はB型とゆ~しかあるまい。

HPはこちら
http://2.pro.tok2.com/~mamu2/

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。