スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

もう、TIGAってば、零パパってば

零パパ&TIGAさま……

久居、初シリーズ優勝!! おめでとう!!!

ついに、やったね!!

…果たして、富士の結果は?? そうだ、富士はシリーズやってないぞ。

零&ボキjr.達ももうじき4歳。
ぢゅとワタシは確認しながらコツコツだけど、TIGAとパパは全てのチームを(黄色いチームが…まだ、いるか)吹き飛ばして、高いところにあっという間に、登って行く。
行け!ポイントリーダー! 猟れ!グラチャン!
なんだか、猟る予感がしているのだ。

ワクワクする、ワタシも楽しい。
このワクワクを、千葉ポーでぢゅにも感じさせてあげたいな。

…ちょっと…なんて言うか……
シリーズ優勝に感激でうるうるなのですよ、ワタシ。

ボキの子供だ~~

って…親ばか。

零ちゃんの子供だからだ~~!

絶対、そうだな。つまりは、

零家がすごいんだ~~!

そうなんです。

スポンサーサイト

2007.09.30 | Comments(11) | Trackback(0) | フリスビー

今日の久居

ちー&パパ、オープン優勝!
ちー&ママ、レディス2位!

いやぁ…こ~ゆ~リザルトが、すでに「いつものコト」だな。
すごい。

2007.09.29 | Comments(0) | Trackback(0) | フリスビー

ボキは毛布で丸くなる

今日から、じゅ~自転車での運動を始める予定だったんだけど…

朝から雨。しかも、いきなりの冷え込み。
う~~ん、筋肉が固くなっている状態で走らせるのはコワイなぁ。
すまん、ぢゅ、明日からね。

07.9.29.jpg


ボキはこれである。
える3、皆、やわらかう○こである。
急に寒くなるとテキメンなのね、君たち。

ワタシはお仕事の1日。
雨の休日って、仕事はかどるんだなぁ、これが。

2007.09.29 | Comments(2) | Trackback(0) | ウイペット

その後のじゅ足

07.9.27.jpg


皮膚が薄いウイの中でも、オープンクラスに薄いんでないかい? ぢゅ。
…しかも、白だからなぁ。まんべんなく、ピンク。
さて、どっちが内出血していた足でしょう?

と、言う程、すっかり回復のじゅ~であります。週末は、速めの引き運動から始めようかね。

血液検査の結果は、APTT・PT(これは凝固速度に関わる数字らしい)ともに基準値内・速め。フィブリノーゲン(後程、説明します)は基準値内・高め。
この数値だけなら、血が固まらないとゆ~より、固まり過ぎではないですか、大丈夫ですか、と思ったりする。が、本来は、内出血直後に検査をしないと解らないのだそうだ。

リク様=とこりさんから、今回の原因についてメールを頂いた。
とこりさん、ごめんなさい、かなり適当な要約かもしれない…こ~ゆ~こともあるよ、と、とりあえず皆様に伝えます。ありがとうございました。

フィブリン溶解現象について
フィブリンとは、血液の凝固に関わる繊維状のタンパク質のこと。血小板とともに重合し、止血や血栓形成の役割を果たす。血液中には存在していない、フィブリンになる物質(前段階)をフィブリノーゲンと言う。フィブリノーゲンをフィブリンにするのがトロンビンとゆ~やつ。

タンパク質分解酵素(つまり固めるのの逆ね)の一種、プラスミン(血漿に含まれている)はトロンビンと組織中のプラスミノゲン活性化物質によってプラスミノゲンから作られ、フィブリンおよびフィブリノゲンを溶解し、フィブリン分解産物はトロンビンの働きを抑制する。激しい運動、興奮、脳の視床下部との働きも関係しているそうな(トロンビンは何者だ?とゆ~感じがしますが)。


●すべての異物の表面は血液を凝固させるが、生きている血管内面は凝固を起さない。
●また、患者の血液より試験官内で凝固するスピードが遅い。
●野生動物の獲物(鹿、狐など)を調べた結果、長時間走り回ったり激しい運動をした動物の血は固まらない。

凝固因子に異常のない人でも手術後に出血が止まらないケースがあり、この場合、一時的にフィブリノーゲンの低下が見られたりするそうな。

凝固因子の病気はほぼ遺伝性が濃厚。血友病やフォンウィルブランド病(これも遺伝性の出血性疾患)
http://www.standard-poodle.net/health/index.html(こちらに詳しくのってます)
遺伝性疾患なら元々の凝固因子異常のために止血作用が低いので出血時には止血できないかったり、たびたび鼻出血(鼻血)や血便血尿も起こすことがある。

が、凝固因子の病気でなくてもフィブリン溶解現象が起きている時には止血能力が低下しているので、怪我、出血等に気をつけなければならないよ。無理に走ることで内出血がなかなか治まらなかったりする。

どんな犬にでも起こり得る事だってゆ~コトです。ウィペットの場合は、内出血があったら即気がつくけど。
皮膚が分厚く長毛なワンコだとまったく気付かなくても不思議じゃぁないよね。

運動のあと、他、異常な内出血があったら注意。血が固まりにくくなっている可能性を考えてね。

2007.09.27 | Comments(0) | Trackback(1) | ウイペット

ボキ、走る.2

さて、ワタシはのん吉と3日間ビギナー。
初日1Rからいきなり3キャッチの4投! おお、のん吉、いいじゃん!…と
思ったのもつかの間であった。2Rから戻りがアヤシクなり(なんとか1キャッチ)。
2・3日目はまず15mラインで「がじがじ」続いて7.5mラインで「がじがじ」。「ライン際の攻防だ」とユ○カさんのMC。でもって「さすがに血が繋がってるなぁ、える父ちゃん、そっくり」って零パパ……あのぅ、繋がってませんから。
のんのんの集中は1日しかもたないのね、やっぱり。でも、まぁ楽しそうではあった。

ボキはなんだか、このところ元気である。
暑かった初日も「くるくるエルフ君」炸裂してたし。コンスタントに(ボキなりに)良く走っているのだ。ただ、ダンナのスローが…風に意識しすぎるのか、流れたり速かったりでキャッチに至らないのが、惜しい。3日の間には1R4投3キャッチもあったのだけど。
まぁ…ダンナの場合、前日の酔いが朝まで残っていて、妙に饒舌なトキ。こ~ゆ~トキは全くダメなのを、ワタシは知っている。

のん吉は事前で3日目ビギナーエントリーをしていたので。とりあえず、じゅ~の3日分エントリー、初日と2日目をのん吉に回して。「ボキとペアに出ようか…?」とダンナと相談の上、2日目にエントリー。走らなかったら、走らないでいいや、と思っていたのだけど。

前述の通り、2日目は涼しく過ごしやすかった。ワタシとダンナとの入場で、一瞬ボキ「??」となっていたのだが、いきなりワタシのみぞおちに「えるふ君、は~い!」と一発ジャンプ。あれ? もしかして、やる気あるじゃぁない、ボキ。
1投目、しっかりキャッチしたが戻りはやや遅く、2人で駆け込んでの呼び戻し。その後、ダンナがユースでの投げがウソのようなナイススロー。ワタシは速めを意識したか、左に流れるものの、ボキしっかりキャッチしてくれた。

んで…場内が沸いていたのだそうな。「エルフが走ってるよ!」って…
本部のU田さんも「エルフが走ってるよ、動画撮らなきゃ」とか言っていたそうな。
なにものなのだ!?ボキ?
って…ウイペット星人なんですけどね。

今大会のペア。初日はレイラ+りん母ちゃん&レノンパパが、2日目はレイラ+りん父ちゃん&レノンママが、入場行進だのペアルックだの、シンクロ入場だの(鼻に洗濯鋏をつけていたらしい)で、楽しく盛り上げてくれた。フラッシュ家夫婦ペアは、ラインジャッジは当然「N村シフト」って下がり~の「N村さん、デッドでしょう??」とゆ~つっこみ周りから入りまくり(大旨ワタシ等がやっていたのだが)。なんだか、とっても楽しいペア大会だったぞ。

じゅ~さんは、諦めきった顔でおとなしくしておりました。えらいよ、うん。
とは言え、3日目の表彰式ではテノンを頭に、父ちゃん兄ちゃんと「4連結」をやっておったが。エネルギー、滾りまくり。
じゅ~の内出血の件については、リクさま=とこりさんから、詳しく所見をいただいたので、後程こちらに書きますです。

印象的だったのは、O谷さんがデールとシリーズ決勝に残ったこと。3日目、ジャスミンパパが、我慢の我慢のスローで決勝に残ったこと。

山形組のみなさま、ごちそうさまでした、ありがとう。
monパパ、今回は不調だったけど、おそらく原因ははっきりしていると思う。また、精進いたしましょう、お互いに。炊き立てご飯、美味しかった、ありがとう。
もちろんウイ軍団含む、皆様方に感謝感謝。
ありがとうございました、またお会いいたしましょう。

2007.09.26 | Comments(0) | Trackback(0) | フリスビー

ボキ、走る.1

南魚沼大会、初日猛暑・2日目曇天で涼しく・3日目はまた猛暑…
風は初日おだやかながら時折強め、2日目はおだやか、3日目やや強く、方向がその都度変るといった状況。

初日・3日目は先日のつくば並みの暑さ。3日目オープンの決勝、ワンコ達も疲れていた様子でポイントが伸びなかった位だ。決勝常連の投げ手達はさすがで、わんこに気を使ったスローをしていたのだけどね。

我が家は金曜日の夜中(土曜の早朝??)に到着。空はおそろしい程の満天。星空を見上げていても、地球は丸いと感じるのは…別に不思議でもなんでもないか。
大きなドームを通して、未知の果ての宇宙を見てると、畏怖と戦慄と。子供の頃から、星空を見るのは好きだったけど、感じ方って変っていないんだなぁ~。そんな下でしばし呑むのは幸せ。

TIGAチームは…え~~っと、優勝以外の報告はあえてしなくてもい~んじゃぁないかなぁ~~って。ママはスローやや乱調でTIGA監督はごきげんナナメだったかな?
パパは1キャッチの勝負というより「1エリア」を闘う場所にいる。欲しい時に確実にデッドを入れなきゃ…勝てないしプレッシャーをかけられないと。
……すごいヒト達を相手にしているのだから、って零パパは言う。貴方がすごいよ、とワタシは思うぞ。
TIGA様は、相変わらずすごいよ。3日目だったか。日射しが眩しくて珍しくディスクを見失ったのだ(映像を見直してみたら、タープにかかっている日よけの銀シートも、かなり日光を反射している状況だった)。その経験を即、学習し、太陽に背を向けてのキャッチが出来てしまうのが、TIGA様だ…! う~ん、ホントにモンスターウイペット、いや零パパに言わせると「プチ・グレハン星人」らしいけど。
零家は初日、555とみるが2頭ともユース決勝に残るとゆ~快挙…いや、まぁ、本来の力を考えたら「当然」って言うべきなんだけども。みるはジャンプのタイミングが合わないと「みるみるすかっ飛び」を披露してくれたりして、これがなんとも可愛い。しかし、足も速いしキャッチもいいし…う~んもしかして「ウイペット忍者2代目」を襲名するのは…みる?!
555蔵くんは、初日こそ暑さで止まったシーンはあったものの、しっかり集中して走って楽しそうだった。不思議くんかもしれないけど…コートであんなにしっぽ、振りまくリなのは555だけだぞ。

2・3日目はstaten家も参加。
ママとはタイミングが合わなかったスタン君。ヒトの感情が伝わってしまったと、statenママは言ってた。ヒトがマイナス思考になっていたり、その場所を楽しんでいなかったりすると、思いっきり伝わるものなあ。しかし、パパとは3日目、ユースTOP通過で決勝に!
…なのに、決勝ふるわず3位。ふふふ、おめでとう、なんて言わないからね~~
あ、テノンはチャレンジで初入賞、こちらはおめでとう!

ウイではぬえぽんが2日目にやってきた。
お、大会で見るのは久しぶりだなぁ、ってカメラを構えていたら…はっ!!速い!!
以前のフレームで追おうと思ったら、あっという間にフレームから消えて行く……見る度に速くなってるんじゃぁないかい、ぬんは。FN母「これ以上、速くなんか出せない」って。そりゃ…無理です。ウイの速さ以上にディスクを出せるヒトって…いないよね。

ワタシは…ディスクなんか5mも飛ばない状況から、じゅ~とコツコツやってきたので。じゅ~にはディスクを見る習慣がついている。故に、逆にスタートの足は鈍いのだけども、戻りの速さがあるから。って…戻るのが速いって、それ、いかにも小心者の「若」ってコトか?

ディスクを追い越す速さは「ウイの追う意欲」だと思うのだけど。
後ろに落としてみる? 15mあたりで後ろを確認するように?…でも、難しそうだ。ディスクに対しての意欲が下がりそうな…気がするし。
そういえば、スタン君は最近、良い感じでキャッチしているな。staten家、なにか解決法法はないものかね?

2007.09.25 | Comments(3) | Trackback(0) | フリスビー

今日のじゅ足

07.9.21.jpg


ちょと…わかりにくいか。
昨日まで、内側全体まで赤くなっていたのだが、完全休養と毎日のレーザー(ワタシは
お仕事だったので……ダンナ、ご苦労様でした)で、内腿と腱に赤味が残る程度まで回復。

2週間程度というセンセの見立ては正しそうだ。

このところ、大会毎に気温差がかなりあった。
やや寒かった宮城の朝。練習の前に、ちゃんと暖気運転をさせてから、走らせなければいけなかったのだ。
これからえる父も気をつけないといけないしなぁ。

血液検査も気になるけど、確かに「わかっていれば対処できる」のだから。

07.9.21_2.jpg


はい、散歩にゆきましょう、ボキ・のん吉。

2007.09.21 | Comments(0) | Trackback(0) | ウイペット

じゅ~はお休み

07.9.19.jpg


じゅ足。
急なSTOPをすると痛みがある様子。しばらく、安静にしてなきゃなぁ。
リク母に書き込みをいただいたのだ。
ワタシもあれこれ検索して、血小板・凝固因子の検査はやらなくてはと思った。
フォンウィルブランド病なら遺伝性が濃厚なのだそうだ。
零家Jr.達の問題にもなると、リク母が書いてくれた。

ボキは手術(ちょっと縫うだけの)出血経験はある。
出血が止まらないというコトはなかったが。

07.9.19_2.jpg


こっちが以前腫れた時のボキ足。

フリ大会、南魚沼はボキとのん吉で参戦。月末の富士・久居はお休み。
9月は…ホントにダメだ。

2007.09.19 | Comments(6) | Trackback(0) | ウイペット

親子なのだ

宮城、じゅ~は初日の2Rからやや走らず怪しかった。

2日目の朝、フリーの時間に濡れた芝のコートを走り込んで、どこか足を捻ったらしい、じゅ。歩様もやや後ろ片足を引きずっていた。
触っても痛がるわけではなかったし、3日目1Rは普通にディスクを追っていた。
…が、今日、帰って来てからダンナが見つけた。
えるボキ父ちゃんと同じ側の、腿内側に内出血。引きずっていた方の足、ではなく、逆側である。

解っていたのだが。
白い親子は筋肉のはしり・張り具合がそっくりなので「ぢゅも気をつけないといけないね」って。この所、暑かったり、寒かったり、車のエアコンで冷やしたり。不自然な状況が多かったからかもしれない。ボキは寒い時に内出血を発症していた。当初寒い時期、走る前に、ヒトがアップをちゃんと行っていなかったからだ。

とりあえず、じゅ~はボキ父の通っていた病院に行って、検査とレーザーを受けて来る。
まったく、重篤なコトではない筈だ。が。
ワタシがディスクの云々ばかりを考えて、じゅ~のケアを考えていなかった、まだ若いから大丈夫なんて。
ごめん…ぢゅ……



2007.09.18 | Comments(2) | Trackback(0) | フリスビー

宮城鳴子3日目

20070917075130
昨日の播磨、零パパ優勝、零ママ2位、555優勝。ぢゆは全く走らず。過ごしやすい好天だったが…のんビギナー2位。ぼきはダンナのスロー次第。

2007.09.17 | Comments(0) | Trackback(0) | フリスビー

タイトルなし

20070916083325
ぼき…顔恐い

2007.09.16 | Comments(0) | Trackback(0) | フリスビー

宮城鳴子2日目

20070916064446
昨日播磨は零パパ4位、零ママ5位、555優勝。宮城は…ワタシは、今のスローが安定しないとなぁ

2007.09.16 | Comments(0) | Trackback(0) | フリスビー

宮城鳴子1日目

20070915073825
今のところ小雨で涼しい。芝もいい感じだよ。

2007.09.15 | Comments(0) | Trackback(0) | フリスビー

急速冷凍ボキ

とにかく暑かった…くきざき。

初日は台風の後である、しょ~がないと諦めていた。
「今日は36℃くらいになるらしいですよ、で、明日が30℃」とK祝さん。ところが2日目もぐんぐん気温上昇で。まろパパが午後、地べた温度を計測したところ…45℃!!!

そんなだからしてえる3は、ほぼ1日車でエアコン待機。のん吉はいつも通り走った。
ボキは冷凍がよく効くらしく、初日は8投、2日目も7投。しかし…みょ~に力んではならないトコロで力む、ダンナがいたりして。ポイントは伸びなかった。

ぢゅ~は…暑いのホント弱いなぁ……冷凍してもコートに入ると、テンションがぐんぐん下がる下がる。零パパ曰く「じゅ~は解凍の仕方がむずかしい」…

ワタシも投げ入れ方を変えていたり、しかしどこか中途半端で、それじゃぁ「じゅ~も迷う」だろうに。H岩さんの向いにも迷わない、力強いスローを見て「ああいうスローに変えたいなぁ、と思ったりする」と零パパに話したら「勝つ為のスローをしたいのか、自分のスタイルを貫きたいのか、どっちなの?」と言われた。零ママにも「エルママはロングがあるんだから、4投でいいよね」と。
確実にロングとゆ~には、かなり心もとないんだけんども。
ゆっくり4投をじゅと丁寧にやって行こうと、回した軌道で低めからリリースするスローを、完成させて行こうと、改めて己に誓ったワタシである。

零家は555も完全復活、みるもユース決勝。
ところが初日、TIGA様のオープン。零パパは1番手で「追い風サイドをひきたいなぁ~」とコイントスに向い、見事に追い風をひいて。TOPの緊張感がありながらも、1投目、見事にど真ん中のロングスロー! いい入り方だ、と思った矢先、コート内にはキャッチしたTIGAを追うボーダーの姿が… 
ば…莫迦やろ~~! これが、以前も乱入があった、同じヒト・同じ犬だったのだ。
TIGAの順番はオープン前半のラストに変更。気温も上昇してしまったし、なによりTIGAのテンションが上がって1投目からファンブル。

我が家もボキが彷徨い出ていたコトがあり、それがゲーム中ではなかったので大事にはならなかったのだけど。それから、バリケンの扉をしつこい位、確認する習慣がついた。2回目、しかも同じ相手にって…どうなのよ、それ。

2日目は黄色い方と、シリーズでオーラス・ラス前対決。黄色い方のいない、初日にはどうしても、ポイントが欲しかった零パパ。しかし、見せてくれました、の2位。わずか1P差。
しかし…遠い1Pなんだなぁと思ったワタシ。
TOP通過だった黄色い方は、当然TIGAチームの決勝ラウンドを見てからのプレイだ。レディスでS良ちゃんとも、決勝に出て優勝したミニョン。ミニョンに無理をさせず、4投できっちり「1P」差で勝てる、計算ができるのだものなあ。

「まだお前にはシリーズは渡さん」と、言っておられました、黄色い方。かっこいい~
わはは、少し昔の少年マンガ熱血系か? でも、いいなぁ~~

両日参加のstaten家、テノンは確実にキャッチ率を上げて(ちょっと「タープにかえっちゃおうか」とゆ~動きがあったらしいが。暑かったものなぁ)「くるくるスタン君」からすっかり脱却したstaten家も、好調(何故か、初日はパパ・2日目はママが向い風でポイントを逃してしまったのだが)。ママは1Rの最高ポイントを更新するし、パパは長~~い「無冠」から抜けての3位入賞。

日曜参加のB&T家。ダッぴゅが段々、大会に慣れて来た様子。しかし…
落ちたディスクを見つけられないのは…てっきり朝霧の「霧」の所為だと思っていたら。
視界完全クリアーでも見失うのね、だっぴゅてば。
早く「じ」のところに帰りたいので、慌ててしまうのかもしんない。
とっくにエリアがこどもの10Pゾーンを越えてしまう、Mちゃんはこども大会で優勝はできない、が。テリ坊との呼吸を併せて、きっちりディスクを出して行けばいいのだと思う。
う~ん、しかし、レディスに来られたら…ワタシ負けるな。
「じ」はテリ坊の「決めつけ走り込みくるくる」に解決策が見つからないのか、テンション低かった「じ」。だけど…じゅ~なんか「走らない」んだもんね、ポイントになり様がないもんね。あっついのに、しっかり走っていた皆、偉かったぞ!

暑いなら冷やせばOKだった、ボキだけど。寒くなれば、また筋肉の張り・こわばりに注意しなきゃだ。ま、まだ9月である。とりあえず、宮城は…涼しいといいなぁ。

2007.09.11 | Comments(6) | Trackback(0) | フリスビー

台風やら春一番やら

そう、季節の暴風がびゅ~びゅ~している時。
春一番の頃は…春休みでグラウンドが使えなかったり、あるいは、なぞの花見宴会が現れる。
台風は…う~ん、直撃している時に行くのは無謀だろう。東京在住で「川を見に行って行方不明」になるひとって、川に船を係留している漁師さんだろうか。単に「台風で荒れ狂う川を見たい」ヒトなら無謀だ。

今日は、丁度昼近くからは雨はおさまり、風はある、絶好の状況。
風練だ~~と、うほうほ出掛けてしまった。すみません自由業なんです。
スローの落ち込みが、今回かなり長いので、すぐには解消されないと思う。でも、強風下で投げていると、何がポイントか、が、わかる。

わかるんだけど、ひとに伝えられる様にうまく書けない。と、ゆ~か自分が「できる」と言えるのなら、書けるのだろう。練習して「これかぁ」って開眼があってから、大会で「できる」ようになるまでって…どれだけかかるのだろう、ワタシ。

くきざき、暑くなりそう。
皆様、気をつけて、よろしくね。

2007.09.07 | Comments(0) | Trackback(0) | フリスビー

西に黄色・トイレに雑誌

ダンナは時折、風水する(なんだ?風水するって??)。
庭木にカラーリボンを巻いたり、鉢植えの観葉植物を買ってきたり。

家相の良い悪いはあると思う。我が家は玄関が北向きで家族運はよろしくないが、仕事にはいいらしいとか。ワタシのデスクの向きもよろしいらしい。が…風水で仕事がもらえるわけではないもんね。確かに「色」にはパワーがあるし、地脈龍脈というものもあるだろうと。しかし、西に黄色、それだけでお金が貯まるか?

と、思っていたのだが。

我が家の風呂は週に1・2回(いや、さすがに夏はシャワーするって…)。頻繁に風呂しないのだから、残り湯をはったままで沸かし直し、それでいいじゃないかと。
それが、この春過ぎあたりから浴槽にたまっている「水」がイヤだと感じるようになった。

ワタシはPCのバックアップなり、出力の待ち時間でも、そこにある活字を読んでいないと落ち着かない「依存症」なので。トイレにも一時、雑誌だのマンガだの新聞だの、山積みしていた。当然、家の中あちらこちらに印刷物がとっちらかっている…トイレは「トイレ」していないと落ち着かないんじゃぁないかなぁ、と、これまたふと、感じた。

風呂の水を落とし、トイレの印刷物を片付けたら、仕事が動き出した。で…それは、風水で書かれているコトだったのね……

風水を実践しようとおもったら、家を整え、継続して出来なくてはならんのだよね。
結局。ワタシの生活が、頭がルーズになっていた。
考え過ぎて思考停止・行動停止になるのなら「西に黄色」を信じる方がいいか?
それが、やはり一種の「思考停止」でなければ、だけど。

う~ん、しかし「黄色いヒト」を見てると……

2007.09.05 | Comments(4) | Trackback(0) | 日記

朝霧バースディ

1日目、statenママの誕生日。
霧と雨と、気圧の関係か重い空気の中、スタン君とユース決勝進出! 夜はファミレスで「プチ・お誕生日おめでと会」。零パパがめざとく、キッズメニューから「バースディ特典」を見つけたのだ。デザート1品と記念撮影、ちょっと「こっ恥ずかしい」とstatenママは言ってたけど、良いものだよね。フリ開催当日で、皆でお祝するバースディって。

翌日も、プレゼントが続いた。テノンとのビギナー、1Rからいい調子で空中キャッチを決めていたテンテン。2Rはなんと5投(だっけ?)パーフェクトにキャッチ!!
コートの外でぴょんぴょんする、statenママがいたよ。
で、スタン君とのユースはパーフェクトキャッチで3位決勝進出し…決勝もまたパーフェクト!3位入賞~~
statenパパも初日はテノンとチャレンジで、こちらはポイントを稼げなかったものの、スタン君とのユースはよい感じだった。2日目はパパ・ママそろっての決勝進出だったのだ。零家みるみるも残っていたので、決勝5チーム中3チームがウイ。5位通過、「決勝は勝負しないオトコ(と自分で言ってた…それって)」statenパパ、今回は1投のみノーキャッチで残念ながら表彰台はなかったのだが。

2日目のスタン選手は…計6Rをこなし、このパパとの決勝1投の他は「パーフェクトキャッチ」だったのだ!! パパ&ママとも、低めの速めフラットでスローをきっちり出し、それを捕った勢いで逆エンドまで走り込みながら、戻って来て…なんで5投できるの?? さすがのすんごい速さであった、スタン君。

B&T家は「じ」もMちゃんもスローはすごい。テリ坊は目標を決めてダッシュしてしまうので、ヒトは「早く・速く出さなければ」と思うのだろうけど。Mちゃんは、低めでスピードがあるから、もう1拍待って出しても間に合うだろう。
「じ」のスローは、確実にいいロングが出る。いっ時スタン君に行ったような、キャッチのかなり前での「待て」の声かけを、今回零パパかstatenママがやっていたのだが。
どうしても、ディスクの落ち際まで走ってから「探す」テリ坊、見失って、回っていた。

しかし…スタン君も落ち着いてキャッチできるようになってきた。年齢もあるだろうし、テノンの存在に慣れたのも…あるよね。テリ坊も…って……そういえば、息子・ダッシュがフリに参加し始めたんだよなぁ~~

ダッぴゅは初日「じ」と2日目Mちゃんとビギナー参戦。
初日はなにせ、霧でな~~んも見えない、少なくともヒトは、そんな状況だった。って…ダッぴゅも落ちたディスクを見失っているし。う~ん、動いていないとダメなのね、やっぱり。ディスクを見失って、おろおろするダッぴゅは…うけた。
2日目、Mちゃんはショートで数を出し、空中キャッチもあり。2Rは距離だしてレトリーブ。「じ」曰く「Mの方がいいのかよ~」テリ坊もダッぴゅも…ってコト?

セレ&shihoチーム、チャレンジは初日涼しく、ちぇれも良いテンションで走っていた。shihoっちの、きっちりちぇれに合わせたスロー。ワタシはぢゅに「行くだけ行け~~!」って投げられるのだから…ちゃんと投げれよ、ワタシ。ホントに。2日目はやや蒸し暑い時間帯があって、ちぇれのテンションがやや落ちたものの、気持ち良く動ける時のキャッチ率は高いぞ、セレ&shihoチーム!
kaiちんが歩き出し、興味のある場所にはどこでも行ってみたいらしい。「あそこにはいってみたいの~」。競技中のコート内だ、それは無理だってば。ちなみに、ドリさんも初日、競技前のコート解放時間に、なぜか脱走しておりましたが。

shihoっちが言ってた。ターニャが下のワンコが来てから、ディスクをやらなくなったのだと。
スタン君とテンテン、テリ坊とダッぴゅ。日向と玄もあったのかなぁ。
きっと、ワンコ達いろいろ思うコトがある。

今後ぢゅの下にウイが来たら…なにかがありそうな気はするものね。

零家みるは、キャッチのセンスがいいのか、ひとのスローがいいのか(そりゃ、公式バリバリの投げ手である)今やロングでもデッドでも捕れるだろう。のんぬうと同じ、くにょくにょ系で足をばたばたして、待っている姿がかわいいのだ。
で、555も復活!! 昨年のよい感じのふぁいが戻ってきた。ボキ父の不思議の「血」を一番受け継いでいると言われているふぁいだけど(誰が言っているのか、ワタシか)であるけど。
零パパとママで公式戦のトップクラスを争っているのだから、ちー坊が出場のメインになってしまうのは当然なのだが、ふぁいには、ちょっと哀しかったのかもしれない、なんて。ワタシはふぁいが好きだから思うのだろうけど。

皆様、お疲れさま、いつもありがとう。
後半戦もよろしくお願いします、犬とヒト、お互い皆、楽しめますように。

2007.09.04 | Comments(0) | Trackback(0) | フリスビー

朝霧お疲れさまでした

先週、投げ練会では会っているものの、会場ではウイ軍団、久しぶりであった。
やっぱりね、大会で会うのは違うんだよなぁ~~

岐阜からなのに、どこの会場であろうと、常に一番乗りで場所取り。いつもありがとう零家。

このところ、J会場は、当日夜中~早朝についても、Aコートサイドに場所がとれないんだよな。競技人口がさ程増えているとは思わないんだけど。今回、零家で取っておいてもらったお陰で、我が家・staten家・B&T家と並んでタープが張れたよ。

事前に場所確保が慣例になっているのなら、関東近郊は我が家は先入りしないと…
くきざきで零家に場所を確保してもらうなんて、ホントに申し訳ないぞ。

shihoちんとセレも、勿論参加の朝霧アリーナ。初日は雨まじり、霧、で3~4ポイントエリアから向こうは、ほぼ視界無し・まっしろ。
2日目は曇り、ときおり太陽がのぞく気候で、気温はさ程上がらず。両日ともに、サイト達には走り良かった。

ワタシは初日、泣きたくなるようなスローで、実際にタープに帰ってぢゆを抱き締めて、泣いた。普段、角度をつけて距離を出す練習をしているのだが、実践の場所では風と気圧の影響があり、なにより本番で腹をくくれない性格の故に、すべてディスクが流れてしまうのだ。理想だけは高い、できないのに。初日は皆の応援もせず、車でぐったり落ち込んでいました、みんな、ごめん。
2日目は少し、ふっきれて、会場が楽しく思えて。流れるディスクはやはりあったものの、初日よりはましに終えられた。

初日に大泣きしたあと、ぢゆが大事で、彼に感謝してることを改めて思って。勿論父ちゃんであり、零家と深く楽しい関係を持たせてくれたボキも、出番がない時でもじ~っと待っているのんちゃんも、窮屈な思いだけさせている、こた様も、会場に連れてきてくれるダンナも(ダンナは最後か?)、勿論フリ仲間の皆も、そんな事を「当たり前」と思っていたわけではないのだが「それは、幸せ、なんだよ」と、わかっている筈なのに、忘れていたのかもしれない。


零家は、ファイナルに残ってあたりまえのレベルになっている。初日も2日目もパパ、ママとも決勝に残り、ちー&ママは初日優勝。課題はそれぞれにあるのだろうけど、既に「勝ちをねらいにゆける」チームなのだ。ちーは…ボキの息子・ぢゅの兄弟とは信じられないもんね。ディスクドッグとして、最高レベルなのではないだろうか、ホントに。
零パパと零ママは、ちーに恥じないディスクを、投げて、素晴らしい上達をして、もうファイナルに向けて、あるいは「ポイントリーダー」までも臨んで闘って行くのだ。

ワタシは…闘う根性がない。だから、スローだけはなんとかしたいが、こだわり過ぎているかもしれない。ハイザー気味にふわっと、しまいがゆっくり落ちて行くディスクは、ぢゅ~は得意なのだけど。ぢゅ~は戻り足が速い(テンションが良い時は)のだから、ストレートに近いディスクなら5投入るかもしれない(オーバーランさえなければ、であるが)。ぢゅのテンションが一定であれば(と、ゆ~か、ワタシのメンタルが一定であれば)小○さんのような低めで左に落ちるスローか。

「目標はなに?」と大落ち込みの初日の夜、零パパに聞かれた。
ポイントリーダー、グランドチャンピオン…気持ちは、ある。できるできない、でなく、あくまでも目標、志しとしてなら、目指すのはそこでしょう。と、思ったのだけど、ワタシの答えは「10×4をすること」。

ああ、そうか。
がっくり落ち込んだ、夜に、零パパとstaten家とのんびり呑んで、答えた言葉だ。
やっぱり、ワタシのこだわっているのは、勝負じゃぁないやん。綺麗な軌道でゆるゆると10ポイントに入って行くディスクを、ぢゅ~が「あらよっと」と、捕る、着地と同時に美しく踵を返してダッシュして戻って来る……それを自分が見たいやりたい、皆に見てもらいたい、のだ、きっと。

ワタシの勝手なコトばかり書いてしまったけど、
朝霧はstaten家、てり坊&ダッピュ、みる、セレも大活躍だったのだよ。
感動でした、そうそう、ボキもがんばったしね。
本日は自分勝手なblogであります、あ、いつもか。また明日以降で。

statenママ、さいこ~~の誕生日!! おめでと!!!

2007.09.03 | Comments(6) | Trackback(0) | フリスビー

朝は

20070901095111
富士山が見えていたんだけどね。

2007.09.01 | Comments(0) | Trackback(0) | フリスビー

アリーナ1日目

20070901095024
霧でなんにも見えないの。

2007.09.01 | Comments(0) | Trackback(0) | フリスビー

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

ちんまり

Author:ちんまり
東京のチベットに生息。
エルフ・ノエル・ジュエルの、玉付きなのに呑気な3ウイペット(通称える3)と九官鳥「こた様」と、フリスビーの日々。
ダンナもふくめて、思いっきりマイペースな集団はB型とゆ~しかあるまい。

HPはこちら
http://2.pro.tok2.com/~mamu2/

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。