スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

のんびりの風景

仕事の狭間でフリ大会の狭間である。
なにも…したく……ない…しばし、ぼ~っとしよう。

06.10.27non.jpg


のん吉、ぼ~っ…
何故かベロが出ている。

06.10.27jyu.jpg


じゅ~、ぼ~っ…
おなじみの「コワイ顔ウイ」。

ワタシも生理中で輪をかけて無気力。
しかし…最近のナプキンって、いいんだねぇ~ずっとタンポンだったのだが。
昔のナプキンなんて、大判3枚重ねても血がだだ漏れだったような。
知らなかったのだが、布製の洗って使えるナプキンとゆ~のもあるのだそうな。
肌触りがやさしくて快適らしい。ちょっとイイかも。

スポンサーサイト

2006.10.27 | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

水戸であいましょう

じゃ~ん「三重な麺」

06.10.26.jpg


松坂牛をトッピングしないといけないのだろうか、んなこたぁないか。
白髪ネギでものせて、芋煮の時に皆で食してみようっと、じ~まま、ありがと~~!

さて、JFA最終戦阿賀野川のお話。
河川敷とゆ~か、泰平橋のホント真下が会場である。駐車場は隣接しており搬入はラクな方と思うが…
土手の上はすぐ道路で交通量も多い。える3を遊ばせる場所はないなぁ。

初日はほぼ一日曇り空。昼から午後にかけて時折強い風が吹くという状況だった。
最初の種目である公式オープン、なんだか皆ポイント伸びないなぁ…と思っていたら、曇り空でディスクを見失うワンコ、続出。なる程。

1日目、ユースに出場する「チーム山形」が大挙参戦。ファイナル前のひと叩きってトコロかな?
アンディ&ひでさんは、この日もしっかり決勝進出。のんびりアンちゃん、すっかりディスクドッグらしくなってきましたよ~~いい感じで上昇中だ、うらやましいぞ。
きら&父ちゃんは2日参加。父ちゃんがコートの中でしっかり、声をかけ、笑顔でのプレイ。
きらもそれに応えて楽しそうにキャッチしていた。右に曲がるスローしか捕れないのだというコトだったけど…そんなこと、ないない! 2日目はもう少しで決勝に残れたんだよなぁ~~こちらもファイナルに向けて昇り調子だ。

ぬえぽんには、10月の3連戦は厳しかったのか。
微妙に母とかみ合わない結果となってしまったけど。それでも、ユースに参加して4ヵ月でファイナル進出なのである。
デビュー時ぬえプレイ中、観戦者戒厳令?…違うな灯火官制…なんのこっちゃ…FN母がぬえの集中のためにやってきたこと、ぬえに合わせたスローをやってきたこと、その結果がちゃんとファイナルにつながった。
運も強いが、長く競技をやっている人はさすがだ。
そして…姐さん、ふぁるこがペアで復帰!
ターボばりばりのふぁる走りではない、筋肉も落ちているのだろうけど。ぴかぴか金色ファルコがまた、コートに帰って来たよ、イキイキして楽しそうだった! ボキも来春には7歳で、寒い時期にはすぐに筋肉が張る。ふぁるさん(FN母)を見習って、よくケアし、長く楽しくできたらいいな。

1日目、落日がはやく冷え込みもはやかった。
ワタシここですでに、体調が怪しかったのかも。お風呂に行って、食事して、和尚タープに襲撃して…って……早く寝ておけばよかったかも。

2日目、staten家・零っちゃファーム参戦。
朝は寒かったものの、日中は秋晴れの好天となった。だが、statenママは風邪っぴき真っ最中である。
それでも空き時間にせっせと投げ練にはげむstaten家。
本番は…う~ん、な結果であったが。右へ右へとスローがなびいておる。ここで大きいポイントが出れば、ユースファイナル進出の可能性があった、スタン&パパ。その意識もやはりあったのだろうか。
スタン&ママは、この所、そこそこにポイントをまとめて来ている。
すんごくイイスローと××××なスローの差が激しいが(ワタシに言われたくないと思うが)。
スタンはいつも楽しそうだし。どうしてもワンコがいいと、周りがあれこれ言うけどね。それぞれのスタンスでやればよいのだ、きっと。

テンテンはふつ~の皿でのビギナー。
レトリーブはできるし、コートに入ると落ち着いていると思うのだ。確実にディスクを拾って戻って、手元もいいし。FN母が言っていたけど「キャッチはセンス」とゆ~部分はどうも確かにある。「テノンのキャッチ」がどうかは未だ解らないけど。まだまだこどもだ、身体もこれからできてくるだろう。ゆっくり楽しくやろうなぁ、テンテン。

ボキ&ダンナは1日目、シーズン5回目のチャレンジ優勝。
涼しく、ボキもやる気でコートをくるくるの「くるくるえる坊」炸裂…ってか、その時間もったいないから、ボキ。
2日目は…ダンナが「完全制覇」と気負ったのか、とゆ~か確実に投げようと、し過ぎ。
最近、コートでは開き直って「デッドでも行ってしまえ~~!」って投げて、それがいい結果になっていたのだ、ダンナ。中途半端なディスクを出すと、ボキ「なんだよ、それ」…テンション下がりまくり。
その上…えるボキはディスクのリムをガジガジして、切るのが好きなのだが。たまたま、キャッチした瞬間「齧るのにイイ感じ」でディスクが口に入った! ……ガジガジ…ガジガジ、戻って来まへんがな、ボキ。
ま、初日は優勝したのだし、いいシーズンの締めくくりと言ってよいのでは?

ワタシ、このところ1Rでエネルギーを使い果たしている。
1日目、じゅ~もやる気があり、傍から見たら「全くなっていない手元」だろうけど…ワタシはじゅ~の「持って来る意志」をこのところ感じているのだ。4・5投目と手元よく、ぎりぎりの5投目は見事なスカジャンだったけども。5投できたのも1年ぶりとゆ~のも情けないけれども。4キャッチはしっかり。…で2R追い目横風を意識し過ぎで撃沈。
2日目、じゅ~はコートに入る時にあくび……おいおい、と、思っていたらコートサイドで和尚他オープン軍団から「がんばれ~~!」の声援が。ホントはワタシの次の人の応援であったらしい「ついで」だったのだろうが。和尚曰く「プレッシャーかけたろうと思ったら、どんどんノって行くんやもんなぁ~」、そう、お祭り体質なのだワタシ。ロング2キャッチもあって調子よく1Rを終えて、2Rは向い目、このくらいの風なら平気と、ところが逆に意識し過ぎで、撃沈。
なんだかなぁ、勿論ワタシの気持ちに呼応するのだろうが、じゅ~も応援があるとノるらしい…

零家555&ママのビギナーは…なんだか集中しないふぁい。
撮影中のワタシのところへやってくる、ふぁいなのだ。ジャンプキャッチがなく、走り込んで冷静に捕るふぁいは、ボキに似ている。会場にも慣れてきて、テンションが上がらない時「えるママがいるから、行ったの」と免罪符にしてる…って、それは考えすぎか。ま、ともかく、出番前には顔を合わせても、ふぁいのプレイ中には姿を消すほうがいいかもね、ワタシ。

何故か風の強い会場ばかりだったチー&零パパ。
そりゃまぁ…中部といったら知多半島のあの辺りの開催だし…待機中に本部のフラッグを見ながら、ちょっと揺れると「風が……!」と零パパ。出番前はものすごくドキドキし緊張すると言うけれど、バイクレースで優勝入賞を経験しているヒトである。そういう緊張が本番ではいいテンションになってゆくのかなぁ、なんてワタシ思ったりするんだけど。
でこの日の阿賀野川、チー&パパの出番で風は…なかった。
チーは落ちたディスクを拾えないとゆ~ハンディ(?)があるからなのか、空中キャッチは一級品! 相変わらず、らくらく1エリアを飛んでゆく。パパはスローを改装中であるので、本番ではラウンドを進むごとに力が入ってゆくものの…とんでもない暴投はなく、ちゃんと前にディスクが出た。
上げ過ぎでゆっくり落ちる、チーの苦手な皿と、決勝最後の地べたスローがあったくらいか。
ほぼ、パーフェクト! 予選をTOP通過し、3位K林さん、2位Y崎さんがパーフェクトゲームでまとめた決勝、プレッシャーに負けずしっかり投げ切り、チーしっかりキャッチで26P。
おめでとう初優勝、しかもホントの最終戦で!!

ワタシは2日目の午後から体調をくずし…最終戦だというのに皆に挨拶もそこそこ、で全く余韻もなく…車で死んでしまったけど…でも帰りに、零家と、きら家と「次はファイナルで」と言葉をかわした。なんだか…嬉しかったなぁ。

ここであらためて、1年間、皆様ありがとうございました、お世話になりました、ほんとうに楽しかった!

じゅ~とワタシはまた、ゆっくり。おそらく、進んだり戻ったりを繰り返し、少しずつ上にあがってゆきたい。
ボキ&ダンナは来年シニアとユースで、ファイナルを目指してゆく。
エルフ、ノエル、ジュエル、こた様、ありがとう。ダンナ、ありがとう。

皆、怪我なく無事で健康で、また大会でおあいいたしましょう!

2006.10.26 | Comments(3) | Trackback(0) | フリスビー

うるさいおやぢ

週明から2日間、雨。
やっとお陽さまが見えたのに…1日仕事……外へはゴミ捨てに出ただけかぃ、ワタシ。

投げ練もえる3散歩も行けずだ。すまん、える3。

夕方、ダンナがえる3と軽いお散歩に行ったトキの話。
ヒトが1人の時は、1頭ずつフリーにして遊ばせる。まずは、ボキから…と、じゅ~が
「じゅ~も放して欲しいな…」と目で訴えていたそうで、で、じゅ~も放す。
と…遊べなくて溜まっていた、ボキ父。じゅ~に「走れ!!(ボキが追い掛けるから)」と
わぅわぅ五月蝿く、けしかけたのだそう。

じゅ~にしてみれば「父ちゃん、どうしたの??」だな、思いっきり戸惑っていたそうな。

なんだかねぇ…ボキ、この頃口うるさいんだわ。
「吠える」時もあるが、どちらかと言うと「しゃべっている」感じか。
それにしても、以前はほとんど声を聞かなかったからなぁ~
6歳になってから、5年分以上の「ボキの声」を聞いている気がするぞ。

ボキおやぢ化現象。

じゅ~さんは朝、遊ぶ前「はやくやろうよ!」って、
普段のクールじゅ~を知るヒトが、おそらく驚くだろう程に吠える。あ…
のん兄を追い掛けるトキも吠えてるわ、おんなじじゃん、親子……

のんは、散歩ですれちがったワンコが吠えると「なんじゃい!?」って吠える…
…それ……アブナイからやめようね、のん吉。

2006.10.25 | Comments(0) | Trackback(0) | ウイペット

とりあえずファイナル

阿賀野川の2日間、思ったより寒暖の差が激しく。だが、さして防寒準備もしていなかったワタシ。

2日目の午後から体調がおもわしくなく、昨日からぐったり…
だくだく寝汗をかきながら1日半、寝たり起きたり。
仕事も一息、フリ大会も終了で、すっかり気が抜けたんだろうなぁ…よくあるコトなのだが。

じゅ~とワタシ、今ものすごく微妙な時期で。
じゅ~は相変わらず手元にディスクを持っては来ないものの、コートでの集中と意欲はあるようだ。
ワタシはスローがしっくり来なくて、練習の度に悩んではいるものの、コートで開き直ると、そこそこのディスクが出る(ダメな時は全くダメである)。
こ~ゆ~状況で…ともあれ、JFAジャパンファイナル・ユースの東京代表5チームに滑り込んだ。
ここまでの今シーズン、それはそれは、なが~~いなが~い、1年間じゃったよ…(なぜ、じじいか)。

そして、ウイ組としては、ぬえ&FN母チーム、テリー&Mちゃんチーム、ファイナル出場。おめでとう!
ぬえはユースに参戦し始めて、わすか4ヵ月でのファイナル出場である。ぬえぽんの進歩は素晴らしい。
テリー&Mは、最後の参加2開催で自己ポイントを大幅に更新しての、堂々のこどもファイナル進出。

そして、じゅ~のきょうだい、零&えるボキJr.のTIGAも岐阜の代表としてファイナル進出!
ちーと出られるなんて…とゆ~か、どちらかと言えばじゅ~が出られるコトがびっくりだが。
これは…嬉しい!!!
おそらく…ここで、さんざん書いていると思うが、あらためて書きたくなる。零ちゃんとエルフの縁談(縁談??)があって、こども達が産まれて。一緒に大会に出て…岐阜と東京に離れているのに…おお…なんとファイナルに一緒に出られるなんて!……じ~ん………

若なじゅ~と、チキンハートなワタシ。
皆様、もし応援に来てくださるのなら、ファイナル、盛り上げてね!

のち程、ファイナル会場の詳細をお知らせいたします。



2006.10.24 | Comments(2) | Trackback(0) | フリスビー

有終の美

代理人@まむ

新潟大会二日目(2006シーズン最終日)
TIGA 堂々の初優勝おめでとう!
有馬記念を勝ったみたいだ。

あと、芋煮会は10/29(日)と決定いたしました。
おひまな~ら~来てよね~(ふるっ)!
 

2006.10.23 | Comments(5) | Trackback(0) | ウイペット

ユース

2Rワタシのミススローで32P終了。ぬえほ゜んもポイントのびず、19P。ファイナルの行方は?

2006.10.21 | Comments(0) | Trackback(0) | フリスビー

えるボキ

5度目の優勝!! でも、明日もチャレンジに出てもいいそうな。

2006.10.21 | Comments(0) | Trackback(0) | フリスビー

阿賀野川1日目

20061021094924
少し風が出てきた。ボキ19P

2006.10.21 | Comments(0) | Trackback(0) | フリスビー

腹を見せない

夕方はのんびりのお散歩。
父ちゃん兄ちゃんが、臭いに過剰反応のこのごろ。まったく中年だなぁと思う。
ボキとのんのんはダンナが引き、じゅ~はワタシが引く。

じゅ~は父兄と同じコトがしたいらしく、一緒にマーキングをしたがるけど、そこは制止。
チョークを入れるまでもなく、軽くリードにショックがあれば、すぐ止まる。
前を歩く父ちゃん兄ちゃんを追って、早足になっていたのだけど、それも解消してきた。
ワタシのヒールで歩くようになってきた。

性格は穏やかだが群れに対しての依存度は高いだろう。
が…える父ちゃんと一緒で、他のワンコに腹を見せるコトがない、プライドなのか頑固なのか。
「いざとなったら逃げられるから」と思っていたボキは油断があったり自爆(追われて立ち木にぶつかった)があったり。
じゅ~も日向にさんざ、追い回され首根っこ齧られても、腹は見せなかったものなぁ。
ホント、殿と若だわ…

で…ワタシ、今年の頭からだろうか、M島さんにあれこれアドバイスをいただくようになった。
目からウロコ…とゆ~ほど啓蒙を受けたわけではなかったので…受け入れつつも、結構、かたくなに頑固に自身のスローを変えなかった。

そう…きっと、ワタシも「腹を見せない」なのだな。
ワタシに似たのか、じゅ~??(いや…ボキに似たのだと思うが)。
腹を見せたほうが犬生も人生も渡りやすいと思うけどね。

ガッコのセンセの指導を疑い、ハッキリとセンセにもの申してしまう、イヤな生徒だったワタシ。
故に、M島さんのような「歳の離れた兄」のような指導者に会えたのは、なかなか実は嬉しいのだ。
…腹を見せる、ようなヒトに出会いたいのかもなぁ。

2006.10.20 | Comments(3) | Trackback(0) | ウイペット

中年と切り干し大根

このところ、早起きがアタリマエのワタシがまったく、朝起きられなかった。

そりゃぁ…忙しい忙しいといいながら、つまりは、フリ大会の時間を裂くためだったりするワケだから。
疲れが溜まっているだろう、30代ならばしのげても……
う~ん、そう思うと、大会に来ているヒト達は、TOPクラスのヒト達は元気だよなぁ~~決して若くない、ちゅ~か、ワタシより上なんだものなぁ、タフだわ。

今日は久しぶりに朝、すっきり起きた。
とりあえず、投げ練。で、える3の散歩。このところ、朝、食欲もなかったのだが、
今日は無性に「切り干し大根を煮たのが食いたい!」と珍しく食に欲求が!
切り干し大根…とゆ~あたりが、なんとゆ~か…若くはないが、若い頃から好きなんだからしょ~がない。

大量の油揚げと、輪切り唐辛子少々、切り干しと一緒にごま油でいためて、
どぼどぼ日本酒をそそいで、これでもか!とゆ~くらいにゴマを投入するのがワタシの切り干し大根煮。それを、白い飯の上に乗せて食す、切り干し大根丼??
さんまの開きと卵焼き、ネギの味噌汁でお昼ごはんだ~
って…気合い(気合いで飯を喰うのか?)を入れていたのに、かるく盛ったご飯に切り干し煮をのせ、さんま1尾食べたら…もう、おなか一杯になっているし。味噌汁すら飲めない。

「白い飯を沢山食う」ダンナも珍しくご飯のお代わりなし。
おかず沢山あって腹一杯だから…と言うが。
先だって、吉○牛を出先の帰り買って来たとき。ダンナは完食。ワタシはと言えば、ご飯を半分以上残すとゆ~情けない状況。
先だって、フリの夜の夕食では200gのハンバーグにライス大盛りを食していたのは、ダンナ。
ワタシはと言えば、ポテト明太子サラダでビール…

う~ん、ダンナは「和食では飯が食えない」ヒトなのだな。
ワタシ、肉を食うなと言われても「油揚げ」があれば生きて行けそうな気がする。

…あ、乳製品はないと…ダメかも。

2006.10.19 | Comments(2) | Trackback(0) | 日記

足利のもやもや…

じゅ~さん…なんとゆ~寝方をしとるのか…

06.10.18.jpg


足利大会のウイ軍団、なんだか…ふっきれないとゆ~か、すっきりしない、決め手がない…そういう2日間となってしまったのだが。
スタンくん&パパと、ぬえぽん&FN母は東京ユースのボーダーを1P差で挟んでの参加。
その辺りも影響していたのかなぁ。

ぬえは大会に来るとウイのタープ小型のタープ、あちこちでのアイドルだ。
小さい頃からやって来ているから、きっと会場は楽しい楽しいの場所なんだろう。FN母の手腕、見事なりね。
テンテンも、そうだ。皆に可愛がられてきたから、会場では傍若無人…とまでは言わないけど、いつの間にか我が家のタープにいたりして、じ~っとえる3のご飯を見てたりして。
テリー君も皆に会うとごきげん、チロルも最近すっかり…少しずつ犬にも慣れて来た。

じゅ~さんは…(ま、ボキもそうではあるが)そういう形で「大会会場が楽しい」という経験はない。じゅ~の大好きな日向とは「日向の集中が乱れるから」と、会えなかったし。ウイといえばJ家だけ…そんなじゅ~さんであるので、ふとしたコトで不安になってテンションが下がったり(不安を利用して上げることもあるが)する。

足利大会、2日間参加がsutaten家、FN家、我が家。初日のみがチロル家、2日目のみがB&T家。

チロルは通常、1日に1エントリー。「もし、ちろパパがエントリーしないようなら、じゅ~とペアに誘おうか」とダンナと話をしていた。ちろパパも「思いっきり!!」投げてみたいかなぁ…なんて。
足利初日は曇り空で涼しかったので、チロルはチャレンジ2エントリーもできそうだったが…ちろパパと相談して、じゅ~とワタシとのペアに出る事に。
「じゅ~さん、もしかして…ディスク追わないかもしんないけど…」とワタシ。じゅ~さんを連れて歩いてコミュニケーションをとる、ちろパパ。
ペアの1投目は女性から、つまり女性に見えなくてもワタシからなので、さして疑問を感じずにじゅ~走る。2投目はちろパパ、じゅ~のスタートは鈍いがちろパパがディスクを出すと、戸惑いながらもしっかり追いきってキャッチのじゅ~。
…ラストがちろパパのスローで「あれ?」と気がついたのか、いつもより長い1分半である感覚があったのか、ディスクを追わなかったじゅ~だが。

3MENやったりペアやったり、じゅ~にはいつもと違う状況にも慣れて欲しい。
心配の顔じゃなく、皆ディスクに来ている仲間だと認識して安心して欲しいのだ。

ペアの追い足は、いかにも「ウイ」で速かった。ディスク先行と言われてもウイ達には「ナイススロー」だものな。チロルも今回は意欲的にディスクを追って、1Rは23Pが出ていた。きっと、ちろパパのデッドでも走り込む様になってゆく。
ワタシはじゅ~のテンションが上がらないだの、手元をなんとかしたいだの言う前に「ロングに確実に入れられる」スローを目指せばいいのだ。スタンやテリーや、きょうだいのちー坊のように「いかにもディスクドッグ」なウイではないけれど、じゅ~はさりげなくとも、やるべき事はやるのだから。

微妙なウイ軍団の中でも、えるボキ&ダンナは元気。
スタート前のボキのやる気は見違える程であるが「ヤなスロー」に対して抗議のガジガジも健在、で、遅い戻りも健在だが。初日はしっかり3位入賞。

テンテンもビギナーデビュー。あの例のディンさんが使っている皿で。
硬いように見えて柔らかく下が真ッ平な…
初日、レトリーブがしっかりしていてテンションも良い感じのテンテン。投げ手はユースもレディスも経験しているスタンママである。うん、順当な結果かなぁデビュー戦2位入賞、おめでと~♪
2日目はママ、ナイススローの連発であったのだが、テンテンが9mコーン外回りで戻ってしまう。
外回りの場合、出た方向からコートに呼び込んでから、もう一度スタートラインに戻さなくてはならない。ワタシはさんざんやっているのでじゅ~が外回りしたら「身体が勝手に動く」って、それもいかがなものかと思うが……そりゃそうだ、スタン君でそういう経験はなかったよね。
9mに戻せないと、事前の2ツが無効……残念だなぁ、などと思っていたら…テンテンコートでうん○…ああ、きっとうん○したくて、外に出ようとしていたんだねぇ、テンテン。

まぁ、なんと言っても「もやもや」を吹き払ってくれたのはテリー&Mチーム。
右に曲がるディスクが出なくなったMちゃんのスローは…いや、ほとんどレディス並みと言ってもいいのではないか。チャレンジのロングに確実に伸びて来るようになっているもの。
JのHPにアップされているファイナルP一覧表を、プリントアウトして持って来ていたB&Tじ。
Mちゃんをファイナルに出してあげたいと、ウイ軍団は祈りに近く思っていたが。テリー&Mは自力で70Pをたたき出す。1大会70ならば、そうかそりゃ5大会で350だ、こども大会のトップクラスになったのだ! と、ゆ~か大人、顔色なし。
この日も2位入賞!! ファイナル確定だろう。

苦悶するB&Tじ、もユースの2Rはロングを3本決めて24Pを出した。B&T家にとって、Jの最終戦はいい形で終われたかなと思う。

sutaten家初の「車中泊」もあった、夜会場に猪が出没したり、まよいインコがいたり…我が家はちと、落ち込みの気分もあったり、ま~なんだか色々あった2日間。

帰り際に和尚が「新潟、行くんやろ? どうせやるコトもないんやろうし」と。
この言葉が「もうファイナルは決まっているだろうから、おいで」と聞こえた。東北の皆も来る、1年間大会に出てお世話になったヒト達も、皆集まるのだろう。

んん~ファイナルに関しては未だ、どうなるかわからないけれど…なんとか出られたらいいなぁ。

最終戦となるB&T家、チロル家、お疲れ様でした。またよろしくね。FN家、sutaten家、新潟を楽しもう!
最近、コート後ろで声出しっぱなしのワタシ。「うるさい!!」と感じた方ごめんなさい。お知らせ下さいね。


2006.10.18 | Comments(5) | Trackback(0) | フリスビー

全休日

昨日、帰宅後の白い親子。

06.10.16.jpg


のん吉は、と言えばワタシのお布団でまったり。
このところ、月曜に急ぎの仕事がなければ「全休日」の我が家である。勤め人の方々スミマセン。
フリーの特権とも言えるけど、「潜在的失業者」である危うさはある。

秋口はあちらこちらで、コーシングやらタイムレースやら、開催されていて。
ウイと楽しめるイベントに、皆が参加している。まぁ…ディスクの場合は…ウイが全能力を発揮できる訳では決してない…とは言え。
この土日も「フリ中毒系」(失礼)の皆と楽しいひとときを過ごすコトができた。
他のイベントに参加されたヒト&ウイ達の集いも、きっと、楽しかったのだろうなぁ。

コーシングもタイムレースも「ウイの花」と言うより独壇場だろうけど。
そういう場所に「ウイなし」では盛り上がらないだろうコトも確かだと思う。
だから…開催側の方々にお願いしたい。なによりも、まず、犬達に怪我のおこらないコンディションを、と。

我が家は今週末もJのフリ。じゅ~とワタシのファイナルPはもう、伸びないだろう、あとは結果待ちである。
この1年、あちこちで会ってお世話になった方々に会いにゆくのだ。勿論じゅ~さんを、思いっきり楽しませてあげたい、ワタシも力まずロングに入れる事を課題としたい。
FIONA姫の哀しい事件で、いつ、なにが起こるか解らないコトをあらためて痛感したのだ。

ポイントでも勝ち負けでもなく、この時間は2度とないかもしれないと、そんな気持ちでウイ達と、こた様と過ごしていきたい。

2006.10.16 | Comments(4) | Trackback(0) | フリスビー

Mの悲劇.3

テリ坊とMちゃんチームは、ジャパンファイナル「こども大会」出場権のボーダーラインにいる。
今回、3連戦で後半2日はこども大会が組まれている。ここはポイントを伸ばすチャンスなのだ。

初日のチャレンジ、追い風にMのスローが伸びて、なんとロングでキャッチしたテリー。勢いあまって逆のコートエンドまで行って…ディスクをぽろり……
「あれ? なんでぼくはこんなところに居るんでしょ??」って顔。まさかMちゃんのディスクがこんなトコロまで来るとは、思ってもみなかった?? のか? Mスローは低めで速いので、真直ぐ出せば横風にさほど影響されず、伸びるんだなぁ~
2日目からが本番のこども大会。Mちゃんのスローにテンポよくキャッチのテリー。右に曲がるディスクもあるものの難無く反応。Mちゃんとのリズムに合っているとしたら…B&Tじ、のディスクは待切れなくなるってコトかもしれないなぁ。1Rはなんと30P!

昼のコート解放練習時間。自分のディスクを回収中のMちゃんに、他のヒトのディスクがあたって唇を腫らしてしまった。のち程聞いたら、口の中まで切れてしまっていたそうだ…

2Rは風も強くなり、Mちゃんスローが低めに芝刈りして乱れる。練習中のアクシデントの所為なのか、ポイントを意識したからか…残念ながらの0P。
Mちゃん、哀しいやら口惜しいやら痛いやら…そう、風の時も雨の時もテリーをリードして、がんばってきたMちゃんなのだから。大人にできあがった犬を差し出されて、大会に出て来たわけではないのだから。
きっと、口惜しい哀しいもMちゃんのパワーになってゆく。

3日目、穏やかな天候になり1Rから24Pのいいスタート。
1Rの後、M島さんがMちゃんにスローの強制(?)特訓。Mちゃんは自身で考えながら、テリーに合ったディスクを出して来た。スローに対しての意識というか、理解が高いのだと思う。角度をつけて出す感覚が、すぐにわかるんだものなあ。側でそれを見ている大人達「う~ん、Mちゃんすごい」……からだもこころも古くなると、融通がなかなかききませんわ。

こども大会2R、M島講習会も効いたのかどうなのか。
右に曲がるスローが1本もなく、なんと6キャッチをパーフェクトに決めての36P!!!!
トータル60Pでの堂々の初優勝! おめでとう、T&Mチーム!

そして…ファイナルポイントも伸ばして、ついにボーダーライン越え! Wでおめでとう~!!!

3日間、毎日ウイがだれかしら表彰台に上がった。
我が家はフード3袋GETである、ひじょ~に助かるのだ。
2日目、突然のベニ家応援も嬉しかったなぁ~サンドウィッチ&サラダ、ごちそうさまでした。「ベニ家が来ると、誰かが表彰台に上がる」ジンクスは生きで「ベニ家が来ると、撤収時に雨が降る」ジンクスはなくなったぞ~!

皆様、お疲れさま、楽しい時間をありがとう。
また、今後もよろしくね♪

2006.10.13 | Comments(0) | Trackback(0) | ウイペット

Mの悲劇.2

さて、チャレンジ白い父とダンナは相変わらずいい感じだ。
ボキはコートに入ると「やるんですか、行きますよ~」と待ちきれない様子のテンションになっている。…まぁ、戻りは…相変わらずなのだけどね。
初日は2Rとも4投できたのに、ダンナのスローが流れて3キャッチずつ、1P差での2位。
2日目は強風ゆえ、やはり右に曲がるスローが出たものの、それでも3位と同ポイント。2Rのポイントで入賞を逃す。
3日目、チャレンジ1番目のスタート。
1R、コート脇で待機するボキとダンナ。あまり長い間待たされたくはないトコロだが…ジャッジがポジションにつくのが遅い。こ~ゆ~のスムースにやってはもらえないモノかねぇ…それでも3投3キャッチ。
2Rは…スタートラインについて準備万端、[GO」を待つばかりとゆ~状況で、いきなり「お知らせMC」でプレイ中断。おいおい…そんなに火急の用件じゃなかったぞ、な~んで、そ~やってリズムを壊すのか。
我が家は初心者とは、もう、とても言えないから「ここでやってもダイジョブか?」とゆ~コト? …逆だろう……
これがダンナの怒りと開き直りに火をつけたね。きっちり、いいスローでラストは怒りのデッドエンド!
チャレンジコートで必要ないデッドってヤツだ。
確かにいいスローで、後ろで「ナイススロー!」の声が飛んでいたりするのだけど…ボキにとっては、ハイザー気味にホバって落ちるスローは「ちっともナイススローじゃぁない」だったりする、ので、ちょっとディスクを齧ってみたりする、ボキ。
でも、52Pで3日目は優勝! チャレンジを追い出されるまで、あと1回とテンパってしまったボキ&ダンナチームなのである。

山形のきら家。我が家の遠征の折り、お世話になって「山形組」とあれこれ話しをしたのだが。
適格にアドバイスができる上位のヒトがいない集まりであるという、印象があった。
せっかく遠征に来たのだし、なにか…と、思っていた……あ、うってつけのヒトがいるわ、M島氏。
前夜きら家をともなってM島さんと同席して、翌朝、犬も含めたプチ講習会となった。
きらパパはリストが強く、いいスローをするのだ。M島さんのアドバイスで「あっ」とゆ~まにスローが良くなる。
1Rは以前の右に曲がるディスクが払拭されて、19Pだったかな、なかなかいいポイント。
2R、さすがにすぐには以前の癖はなおらないのか、崩れてしまったけれど、毎日400投から練習しているというきらパパ。新潟で会う時には、すんごいスローワーになっているんだろうなぁ、きっと。

ちろるには、ちょっとばかり心配な暑さになっていた2日間。
ちろ家参加の初日は、強風のなか。それでもちろパパは、ちろるの意欲を引き出すため、きっちりショートから、徐々に距離を伸ばしてのスロー。千葉の時も、ちろるはディスクに意欲的だったのだけど、それ以上にイイ感じのちろるだ。自分の前に「すっ」とでるディスクに反応がいいという感じがあったのだけど、今回、風にホバって待つディスクでもしっかりキャッチしていた。
そうそう最近、会場で会うとちろるの顔が違うものね。昔のようにものおじせず、目がキラキラしてきた。
2日目はママと。この日は風もなく穏やかではあったものの、気温は段違いに上がっていた…が、ちろるの意欲は落ちない。ママのスローは1投ごとに右に流れて行きがちではあるものの。
2日間、パパ&ママとも、しっかりちろるを迎えに行って、一緒にコートを走って、ちろるはず~っと楽しい顔だった。
戻ってあと1投ギリギリというトコロ、さすがに最後はママの足があがってしまって…ママ、こける。
「だいじょぶ、ママ?」って駆け寄るちろる、可愛いよなぁ~
初日にパパが、きっちりリズムをつくって、ママとの2日目はキャッチ率があがっている。

お馬も夏馬とか冬馬とかいるけれど「冬ウイ」ちろる。これからはちろるのシーズンになってゆく。
帰り際「来週の足利、エントリーしてきました」と、ちろ家。ちろるは寒い方が元気だけど、関東の冬の風とヒトは戦わなくてはいけないのだ(まぁ…愛知にくらべれば、まし、とゆ~気がする)。
がんばれ、ちろ家!

B&Tじ、はスローの呪縛にはまってしまったらしい。
M島さんに、マリンPに、色々と言われていたB&Tじ、である。

ワタシも言われる度に迷って、アドバイスを受けて直した部分もあるが、結局は自分が理想とするスピンと軌道で「一番投げやすく握りやすい」に立ち戻る。そんな事を繰り返しているうちに、なんだか「普通と違う」スローになってしまったが……B&Tじの「理想のスロー」はどんな感じなのだろう。
いいディスクが出た! と思ったら、テリーが追い越していたり。スナップで楽々ロングまで届くのに、なんだかテリ坊との呼吸があわない3日間であった。

やっぱり明日に続く

2006.10.12 | Comments(0) | Trackback(0) | フリスビー

Mの悲劇.1

くきざき3連戦。
風が強かったり、ABコートうろうろ状態でポイントがはっきりせず。ざくざく行きます。

金曜日は東京も1日雨に降り込められていた。
こりゃぁ…くきざき、さぞ酷い状況なんじゃぁ…到着して聞いた話では、木曜金曜と雨が降りっぱなしだったそうで。しかし、芝生の状態が以前より格段に良くなっていた。
以前ひどかったBコートは水が若干浮き、一部に水たまりがあるものの、2日も雨続きにしては良いコンディション。
Aコートの方が水が残っていて、朝からオープンな皆様は水をかき出す作業に追われていた。Bコートも大きい水たまりが1カ所あったので、皆ディスクで水をすくう。ディスク、薄いからね~こういう作業には丁度よかったりして。なんとはなく、Bコートの連帯感もあったりしたのだが…

朝、FN母が「いただいたお米を醸造しました」と「麦焼酎」を持って来てくれた、
って…原材料変わっとるやん! わはは、ありがと♪

初日は朝雨模様、やや風もあった。
初日のみ、参加はstaten家。いつものスタンとパパ・ママでのユースである。
千葉ポーがすばらしい呼吸とスローであったから、今日も楽しみにしていた…のはM島さんだけではなかったのだぞ。
1Rは左からの向い風。決して強い風ではないのだけど…
どこか集中しないパパと、向い風と感じただけで「腰がひける」ママである。
パパスローは右に曲がりまくり、ママスローは草刈りも交えたりなんかして…
2Rは追い風で気持ちよくスロー、パパ&ママとも20Pオーバーだったのかな? 課題は…やはり「風」なのか?? スタン君も4歳になって、会場にも慣れて来た。
1日4Rをこなすのは、体力的にはまだまだイケルと思うのだが…集中をやや欠くのか、どうか。
我が家の場合は…ボキはやはりダンナを「群れの頭」と思っている節があるので、ボキ&ダンナ。
じゅ~のちびの頃、ワタシの方がじゅ~に接する時間が多かったところもあり(最初は会場でもレトリーブをしっかり出来ていたコトもあり)じゅ~&ちん。
sutaten家のお皿パートナー、果たして、どちらがどちらと組むのか??

日曜はオフとして、月曜はイヌリンのstaten家。なので、一緒にお風呂と夕御飯へと向う。
我が家はマリン家が帰宅故、M島さんの「お守」(???)を頼まれてしまったり。呑まないB&Tじ、に運転をお願いしてM島さんも同乗。
「今日は呑めるぞ~」とM島さん、車中でテンション上がって嬉しそうなコト、かわいいおっちゃんである。

2日目は朝からかなりの風。
くきざきは会場まわりを囲む樹木の一部に空きがあり、そこで風が変ったりする。いや、なにしろここは、コートで竜巻きが巻いていたりするんだものなぁ~
3日目はうって変って、朝から晴天で風も穏やか。

2日目から、チロル家と山形のレッボー・きらちゃん家(りん家)が参戦。

3日連戦となったのは、FN家・B&T家・我が家である。

ぬえ&母は初の3連戦か。
初日はうん○強制終了が入ったりしてたぬえぽん。ぬえに合わせてコントロールしている、FN母のスローは流石!…が、ぬえのスイッチがはいるのは、芝刈りギリギリの抜けた低めの皿だったりする。
う~ん、ぬえぽんもウイなのねぇ~~目の前の「速い!」やつ! これだ!って。
2日目は強風の中、やはり風に強いスローのFN母。だが…ホバって待っていると「踊る」、風で際が速くなって自分にお皿が向ってくると「よける」…
いやぁ~ちょっと前のえるボキを見るようだわ~えるボキもハイザー気味に自分にお皿が向ってくると「なにすんの!?」って、よけてたものなぁ、もうおっちゃんなのに。
ぬえはまだ1歳半。3日目も母に集中して、ディスクを追っていた。ディスクドッグとしてのセンスはないと、母は言うけれど。ぬえぽんは楽しそうだ。あれこれ試行錯誤を繰り返し、この場所を「母と遊ぶ楽しい場所」にしたFN母はやはりすごい。

3連戦であるので、初日はペアのみとしたじゅ~である。
2日目のユースは強風の向いからだった。このところ、スローが狂っていて、故に中途半端になっていたと思うワタシなのだが。風が強いことで開き直ったのだ、立てて角度をつけたまま右に引っ張るしかないと。これがうまくはまって、じゅ~もホバってゆっくり落ちるディスクを、冷静にキャッチしてくれた。
2Rは強風の追い。今回の風はどちら側からでも「立てて出す」で対応できたのだが…強い追い風+横風に苦手意識があるワタシ。いまいち立てて引っ張りきれず、中途半端なディスクになって右に流れてしまった……う~~ん。くやしいなぁ……

強風で他のチームもさしてポイント伸びず、で3位で決勝となったのだが…

「お弁当の予約を承っております」とかゆ~アナウンスは、Bコートにまで届いていた。

ユースの決勝練習時間、ふと気がついたらAコートで始まっていた。ありゃ…と、思いながら、1回でも投げられればいいかとAコートに向うワタシ。
確かに、Aコートの進行を気にしていなければならないのだろうけど。お弁当はど~でもいいから、こ~ゆ~告知はBでもするべきなんではないかい? ユース決勝の練習に遅れたのは、ワタシの不注意ではあるが。いつも昼過ぎにやっている筈の「3MEN募集します」のアナウンスも聞こえなかった。

慌ただしく、じゅ~を引き連れてダンナがやってきたのだが。
じゅ~「もう…今日は終わったんでしょ?」って…半分、寝てます。すまん、じゅ~…じゅ~の気持ちを整える時間がなかった……決勝は右からの追い強風。いいのが2投、早く立て過ぎて風にあおられるのが1投。
じゅ~は半分「ぼ~っ」としながらもよく2キャッチ。

3ラウンドにも慣れていないし、3日目にも慣れていなかったじゅ~さん。
3日目、出番になってもバリケンから出ようとしないじゅ~がいる。それでも、テンション上がらずも走ってくれて、キャッチしてくれるじゅ~……「やらないといけないんでしょ、がんばるよ」と、じゅ~が言っているようで。
じゅ~の「楽しい楽しい」にしてあげられなかった。

明日に続くし、明後日にも続くかもしんない。

2006.10.11 | Comments(2) | Trackback(0) | フリスビー

やった!!

20061009160750
T&M62Pでこども大会初優勝、ぼき&ダンナも52Pでチャレンジ優勝、おめでとう!

2006.10.09 | Comments(5) | Trackback(0) | フリスビー

過ぎてる

零&えるボキJr.達、無事3歳の誕生日おめでたい!
……って、昨日だったんだけど。

忙しくて、毎年のコトではあるがすっかり失念。

06.10.6.jpg


じゅ~ごめんなぁ。
じゅ~の2歳はホント、人の勝手でフリ遠征にひきずりまわし、
のんびり遊ぶ時間もとれずで申し訳なかった。
でも、三重ではきょうだい3MENという幸せがあったり(ヒトが幸せなだけであるが)、
ユース5試合で200P以上という、目標もクリアできた。
東京と岐阜、これだけ離れていたらめったには会えないだろうに、
零家とJr.達とあちこちの会場で会えた。

じゅ~ありがと……

える3、誰かの誕生日を迎える度に書いているけれど。
エルフが来て、ノエルが来て、ジュエルが来て。
その度にヒトの生活が変る、関係が広がったり変ったり。

チー、ふぁい、ちゃんちゅけ、じゅ~、皆元気に健康に、これからも誕生日を迎えようなぁ。

ところで…
皆のblogにコメントが書けないとゆ~か「コメント」とゆ~アイコンすら出なかったりするこの頃。
仕事がひと段落したら、あれこれメンテしないと…ダメだわ……

2006.10.06 | Comments(4) | Trackback(0) | ウイペット

ウイ軍団IN(いつもの)千葉ポー.4

Aコート決勝の時間には、本降りとなった雨。
その雨もものともせず、ビーチ♪&マリンママは決勝&EXラウンド、パーフェクトで2位入賞。
すごいよなぁ……
じゅ~とワタシに、こんな場所に立つ日が来るんだろうか…技術的なコトはそもそもだが、勝負根性ってヤツが皆目ないものなぁ~

初日に黒白ウイがチャレンジ(だったかな?)に出ていた。小柄な女のコなのだけど、もんのすごい浮きのあるジャンプを見せて、手元も意欲も素晴らしかった。
出どころは北海道だそうだから…もしかしてロッサの関係だったりするのかも?

2日間、皆様お疲れさま。久々のウイ軍団、とても楽しかった♪
さて、今月は…と言うよりJの今シーズンもあと7日間3開催……なんとまぁ、沢山出場したことか。

2006.10.04 | Comments(2) | Trackback(0) | フリスビー

ウイ軍団IN(いつもの)千葉ポー.3

テリー君。
昨日は妻子とともに会場にやってきた。で、なんだか、いつものテリーと違う……
本日は、妻子を実家(実家…?)に返してのテリー父ちゃんだけ。ヒトのダンナが一人でフリ大会に来るのを「放し飼い」「ノーリード」などと言うらしいけどね。

テリー&爺、1R。
テリーの足は今日も、速い! MC「追い付き過ぎてしまいました」と、1投目、出た真下、がっつ~ん。その後、爺のスローがやや流れ気味も、テリーはしっかり2キャッチ。だが、やや戻りが遅くなっている。「残り15秒」のMCが流れていたのは、テリーがコート半分を過ぎたあたりだっただろうか…どことなく空気に微妙な逡巡が感じられた(ほんとか?)後…爺、時間合わせのスロー……う~~ん、時間合わせと言うには、距離長いぞ、爺! ラスト1投は、やはり間に合わず、17P終了……

引き上げて来た爺に突っ込みまくりのワタシ達。
いや、しかし時間調整って…難しい……完璧にワンコとのタイミングが解っていたら、確実に最後ロング以上を入れられるのなら…出来るのかどうか。なんとなく…ウイとはリズムを崩さないで「投げられる時は投げる」がいいような気がするんだよなぁ。
さあ、ラスト、1投! と、ヒトが構えた時……ふと、コート外、遠くの何かが見えてしまう可能性は…ある、ありまくり。計算が、出来ない。
本来それじゃぁ、ダメ、なのだろうけれど。

テリー&爺の2Rはロングから! いいぞ! 2本目が左ぎりぎりで、テリーが追い付くもののディスクは場外。これを「あっ!!」と言う間に拾って戻るテリー。低めのディスクもテリー、しっかり走り込んでフォロー。ラスト、残り10秒……って、まさか爺「アレ」やらないよなぁと、ワタシとダンナで不穏な空気が流れるが……やらない、きっちりロングでキャッチ! 23P計40P。

テリー&M、こども大会。
本日もM島さんはBコートのお守である。こども大会の練習を見ながら「いいスローしてるだろう? 見習わないと~~」。「雑念がないからねぇ~」とワタシ。「酒も入ってないからなぁ」とM島さん……あのう、ゆうべはさんざ、アナタに呑まされてしまったんですが(まぁ、好きで呑んでいるのであるが)。

Mちゃんは何故か…こども大会の時は低めの速いディスク。昨日のチャレンジでは、コントロールした高めのディスクだった。おそらく、以前、ユースに出た時もそうだった。どちらがテリーと合うのか。
1R、右横断幕直撃スローから。こども大会、やはりM島さんがラインジャッジにいて…「ちょっと、イヤだなぁ」とMちゃん、言ってたのだけどね。3投目から修正して、2キャッチ。テリーはMちゃんと爺のスロー、どちらも解っていて落ちついて捕れている。ラストはテリーが前にはじいて…う~ん、フォローできず。16P。
「Mちゃんが来ると雨が降る」。何故かホントにそうなってしまう。雨の2R。低く速い「Mスロー」をテリーキャッチ! 速いディスクの時、どうしても、右に出てしまうMちゃんスロー。引っ張る意識が強いと、ディスクの角度が狂ってしまうのは、ワタシも同じなのだ。ラスト1投は、テリーまたも弾くも、今度は前にエリアを伸してのキャッチ! 24P計40Pは自己最高Pだって!

ファイナル前のこども大会で、他の参加チームは親もワンコもオープン。爺もMちゃんもテリーも…スローもワンコも決して負けていないと思う。大会経験の差だけだろう。う~~ん、ワタシ、Mちゃんの後ろで今回おせっかいしてしまったかもしれないなぁ……

毎度、明日に続く……(ああ~~)

2006.10.03 | Comments(0) | Trackback(0) | フリスビー

ウイ軍団IN(いつもの)千葉ポー.2

車中泊の駐車場から、朝、早めに会場へ。
える3を軽く走らせてから、じゅ~とコートでの練習。普段は遊びでディスクをやるだけなのだが、涼しくなって、じゅ~も意欲がある様子だし。プラス・コート練をじっくりやってもいいかなぁと。勿論ワタシのスローも狂っていることではあるから。
手元完璧とはいかないものの、じゅ~は楽しそうだ。スローは…う~ん……であるが、今日も楽しく、やれそうな気がする朝。

のん吉くんが「ちょっと遊べて遠くに行かない」樹木に囲われた小さなスペースが千葉ポーにはある。「のん吉くんCコート」にて、ちょこっと、ディスクのレトリーブ。のんなりに真面目に一生懸命持って来る。

千葉ポーの駐車場はAM8:00あたりから開場となる。ダンナは駐車場に早めに車を移動するつもりで、白菜号に行ったのだが…帰ってこない。場内で車移動のアナウンスが流れて「かなり混雑しているので早めに」とかなんとか。のち程聞いたら…前の方で、駐車場に入る順番を待っていたダンナ、ぐっすり熟睡していたらしい。つまり…混雑を引き起こした元凶は…ダンナ??

ダンナがそんなコトをやっている間に……kai君を胸に、shihoさん到着~~ウイペットのココちゃん家もやってきた、大会に初参加!

投げ練をMちゃんと並んでやっていたら、彼女はリリースでしっかり「ビッ」と音が出るのだなぁ。握りとスナップがしっかりしているんだろう、うん、すごい。なにせ、ダンナなんか未だにしばしば「無音」…


ビギナーとトライアルボールにココちゃんは出ていたのだが。
見るタイミング・撮影するタイミングを微妙に逃してしまった…ごめんね。
ココちゃんはディスクに意欲がある、吠えながら追う。が、ディスクをしっかり視認してからのキャッチができる。う~~ん、やるなぁ、ココ。戻って来てからはもっと遊ぼうと言うのか、場外にでたりクルクルしたり。「ディスクとられるのはイヤだけどパパに渡さないと投げてもらえないけどもうちょっと勝手に走っていたいような」…そんな感じか(どんな感じなんだよ?)。う~ん、なかなかココ、いいです。
パパも投げ練がんばって、大会の経験を積んでゆけば…ふふふ、また、楽しみなウイがやってきたぞ!(何様だ、ワタシは)
ビギナーは32+29計61P! 初参加だぞ~いいじゃん!

チャレンジ、本日はチロル&ママチームから。
昨日、皆に誉めてもらったのはチロルにとってよかったそう。そっか、よかった、大会のこの場所が「たのしい」でなくちゃぁねぇ。1投目、コートの臭いを気にするチロルだけど、迎えにいったママと楽しそうに走って戻って来る。ママのスローを待つ、チロル。「ワン!」と一声吠えて出て行った! 
先だっての練習会では「ちゃんと犬が戻るようにしておかないと」と、M島さんに言われたのだそう。でも…シャイなチロル、ワンコが大勢いるトコロは苦手なチロルが、ディスクで優勝も経験し、チャレンジカップにも出たのだぞ。チロルは出来るのだもの。たまたま、その時がそうだっただけだ。
ママはチロルの捕りやすいスローをして、チロルもしっかり追って、戻って来た。「あ~惜しい!!」もう少しで捕れているシーンは何度もあった。1Rは0Pだったが2R、2キャッチして11P。最後まで楽しくがんばって走ったよ、チロル。ちろパパ&ママもスローが上達しているので、チロルに合わせてのスローが出せる。
我が家も…まぁ、テンション高くない親子であるから。白い連中に大会の場所を楽しくと、あれこれヒトは大騒ぎ(大騒ぎしてどうするか)なので。んん~結構、チロ家にシンパシーしちゃうんだよなぁ~~

え~。朝車で眠っていて、と、ゆ~コトは投げ練もしていないダンナ、と。えるボキのチーム。ボキもなんだか、やる気が出ない様子だ。1投目はディスクに追い付かない。おなじみの「中間30秒」で2投目をキャッチ、これで少しはのったのか、3投目もキャッチ。14P。
しかし、2Rは…小雨まじりの天候になってしまった。スタートラインについたら案の定「行くんですか?」と、ダンナを見上げるボキである。こういう時はダンナのスローもちょいと弱気になる。2本目のキャッチで戻ってほぼ時間がなく、3投目がタイムアップ…昨日に続き、投げた後のコケを披露するダンナとなったのだ。
ギリギリ最後の1投…なんだか昨日から皆、それなのだ。
速いボーダーはミドルを6投する。ウイならロングを交えても6投になるだろう。その1投、入れるか入れないかは非常に大事なのでは…

セレ&shihoさん、ひさしぶりの大会。
スタートラインに立つちぇれ…「なにをやるんだっけ?」って風情に見える?……って、久々だからってそんなコトはあるまい。じゅ~なんぞ、毎週出ていてもそんな顔をしてる。
shihoっちがスローを出したら、うん、しっかり追ってゆくちぇれ。落としたお皿も拾います。2投目、ぎりぎり捕れないか、惜しい!…と、捕れなかったのが口惜しいのか、どうか。お皿の側で佇むちぇれ…3投目はしっかりとキャッチ、1Rは3P。shihoさんも、ちゃんとちぇれに「捕れるディスク」を出して、その気にさせているのだろう。
2Rは雨まじりで涼しい。1投目をキャッチ、その後…shihoっちのスローが乱れて流れてしまう。落ちたディスクを見て…佇むちぇれ……絵になる(言ってる場合ではないが)。
お腹にkai君がいる時も、投げ練をしていたshihoさんである。ど~も、その重心がある・なしでは狂ってしまうと……そりゃぁ…難しいわ。2Rも1キャッチ5P計8P。
ワタシは根性なしなので、母やって仕事やってフリ大会に出る…そんなエネルギーはどこにもない。shihoっち、また会場で待ってるぜ!

ユース、昨日も2番目、今日も2番目のじゅ~とワタシである。
早い順の時は、事前の投げ練習はしなくてもかまわない、じゅ~と時間をゆっくりとる方がいいと思うワタシなのだが。
昨日より風はややある。1Rはやや向かい左横風か。
じゅ~は…なんだか夏のきつい時期とはまったく違う。瞳キラキラのいい顔だ。スローが悪く応えてあげられない、ワタシの情けないこと。1投目ディスクは左、この風なら大丈夫だろうけどまん中に出せないのかい、ワタシ。2投目は、ああ~~またやってる、右にひっぱり過ぎ。それでも、ハイザーで巻いてコートに戻ったから少しは解消しているのか、投げの狂いが。その後左めの2投をじゅ~、しっかり捕って18P。
2Rは雨が降り始めていた。じゅ~のテンションを下げないように、B&T家のタープでじゅ~さんを繋がせてもらうことに。雨でなければ…早め練習切り上げで、芝悶えじゅ~をするのだけど…
2Rは追い風。ワタシのスローは追いに乗らないが、なんとかロング1本があって3キャッチ。4投目は時間ギリギリの1投を、右に引っ張って入れる。一旦場外に出るディスクだったけれど、投げた瞬間、リリースの感触がよかったので、巻いて戻って来ると確信があった。じゅ~さん、こ~ゆ~の結構慣れたもので、しっかりキャッチ。24P計42P。
スローがばらばら…そんな時に七ヶ宿、千葉ポーとなんとか40オーバーが出来たのは……う~~ん、嬉しいぞ!!!

2006.10.03 | Comments(0) | Trackback(0) | フリスビー

ウイ軍団IN(いつもの)千葉ポー.1

あちらこちら、遠征しまくっていた我が家であるが、この秋は久々の近場連戦である…って結局連戦かい。

近場とはいえ、ETCの深夜割り引きを利用したい故、家を出るのはAM3:00。こんな時間に来ている人はいるの~?…いる。現地についたら「いつものオープンな人々」の酒盛りの跡がすでにあったりする。
とりあえずタープを設営し、車の目隠しを貼っていたら外からノックの音が…4:00である「誰だぁ?」と思ったら窓の外に和尚の姿が。

「窓の外を見たら驚くかと思って立っとんたんや~~気がついてくれんもんなぁ~~」……あのぅ…4:00にそんなトコロに人がいるとは思いませんがな、まさか。

三重でAコートにタープを貼っていたら、Bコート競技のアナウンスが一切行われず、知らない間にユースの練習始まっていたり。ユースの参加数が多いので2回に分けて練習時間を設ける、とゆ~お知らせも無かったりで…え~ハッキリ言ってムカついた。
今日はそんなコトはないだろうけど、ユースもBだろうし、Bでいいや。
丁度良く、我が家のタープの隣の空きに、まずは「チロル家」で「staten家」「B&T家」とウイタープが並ぶコトに。

早めに来ていたものだから、M島さんに「ウイ軍団暇そうだなぁ」と言われ。Bコート設営のお手伝い。不馴れなものだから微妙にあちこち出入りのある、Bコートの完成~~

いつもの千葉ポー。ウイ軍団はこのところ「M島塾」の投げ練会でお馴染みである。練習を見ていたら…いやぁ~~皆、スローが良くなっていること!! 月イチでも集中してやっていると成果があがるんだなぁ~
チロパパなんぞ、がんがんデッドに放り込んでいるし……
ほぼ毎日投げているワタシは、と言えば。スローの過渡期というか、一段階上に行きたい気持ちが空回りとゆ~か。このところ、全くダメなんだよなぁ……

風も弱く穏やか。晴れてくると蒸し暑くなりそうな千葉ポーである。

B&T家はお子様軍団引き連れてやってきた。白いダッシュはもう10kgあるそうな…う~む、ジュエルサイズ間違いなし、だな。お母さん、ベルも、久しぶりのビギナー参戦だ。
ベル&爺チーム、もうベルはフライングしそうな勢いで、爺がディスクを出すのを待切れない! 相変わらず吠えながらのテンション、爺は膝をついてゆっくりタイミングを待ってのスロー。おなじみ頭付きもまじえつつ、2Rでキャッチ自体は3ツくらいか。でも…まぁ、やはりこのチームは飛距離も出るし、ベルのスピードもあるし、レトリーブに不安は無いし…ま、反則である、77P優勝~~

チャレンジはえるボキ&ダンナチームから。
このところ、会場でワタシと投げ練をやると調子がいいと言うダンナ。今日も結構な本数を投げての本番。ボキもやる気で1R3投3キャッチ! 勢いあまって戻りながらぐるぐるする「くるくるエルフ君」も炸裂だ。なんとか4投目…ギリギリ入るかというところ……惜しくも入らず、コケるダンナ。26P。
2Rはやや蒸し暑く、えるボキの意欲は少し下がる。が、しっかり3キャッチ、ここも…う~~ん4投目が入りそうで入らず、惜しいなぁ、ボキ! ダンナのスローも確実でボキもよく応えてくれている、この頃。23P計49Pで2位入賞、おめでと~~♪(フードゲット係)

T&M1R。
Mちゃんはゆったり、高めのスローから入る。これをテリー追いついて頭付きからのスタートだ。Mちゃんは落ちついてタイミングを測って出しているのだが…どこかテリーと合わない。2キャッチ11Pのスタート。
2RはMちゃんの速め低めのディスク、テリーは先行気味で迎えるキャッチ。なかなか、テリーの前にディスクが出ない。2Rも2キャッチ12P計23P…んん~微妙に残念だ。Mちゃんのディスクは速いし、テリーも言うまでも無くスピードがあるし。はまったら、ものすごいポイントが出そうなんだけどなぁ。
2Rとも、Mチームが退場を終えるまえに、次のチームが入って来た。MCのアナウンスがあっても、前チームの退場を見てから入って来るべきだろうに、いいオトナがさぁ…犬達のトラブルがあったらど~すんねん!!

涼しくなって過ごしやすくなって、チロルも久々の参戦。
1本目は追いついたものの、惜しくも捕れず。うん、いいスタートだ…と思いきや、2本目は超ロングスロー炸裂! チロル、せっせと追うも届かない…って3本目はもっと、ロング~~! デッドまで行ってるんじゃぁないの、ちろパパってば。追いつけず、意欲が無くなるチロル……
コートの臭いを嗅いでみたりして「…やめるの…」。残念0P。
2Rはチロルに合わせてディスクを出す、パパ。が、陽が差してチロルの苦手な蒸し暑いコートとなってしまった。
それでも、最後まで一生懸命ディスクを追う、チロル。1キャッチ6Pではあったけど、よくがんばったよチロル。コートの外でチロルを迎えて、皆で誉めまくり!!

本日はM島さんがBコートのお守というか、なんというか。
ジャッジをやっていたり、初心者講習会をやっていたり。
んで、ユースの時にラインジャッジ…「M島さん、ユースの時ラインジャッジやってたっけ?」「前はラインはやってなかったと思うけど…」などと、statenママと話していたのだが、ああ。

ユースはじゅ~&ワタシから。
右に軌道を出そうとして、開きが速くなっている。以前ほど肩をしっかり引いて、一瞬溜めてから出していない。解ってはいるのだが、練習でなかなか修正が出来ない。で、まずは左にそれる。2本まん中入れて、最後は…また左…じゅ~はいい感じでやる気。後ろに抜ける勢いで戻って来るものの、キチンと静止をかければ止まる。
ここでM島さんのつぶやきが…「犬はやる気あるのになぁ~ダメじゃん」みたいな。「ジュエル~~すと~~~っぷ~~!」とワタシが言っているのを見て笑っていたらしいし。わはは、なんなんでしょ。
2Rも左場外右場外を1本ずつ……4キャッチ11+14の計25P。

スタン&sutatenパパ、本日は絶好調!
パパ、ナイススローの連発に、程よいテンションのスタン君で1R22P。う~~ん、ここで練習会、次の日に動けなくなる(?)程やっているからなのか?? 千葉ポーは既にホームグラウンド?
2R、スタン迎えキャッチも交え、落ちついてのキャッチ。スタンも落ちついているが、パパもなんだか余裕がある感じだ。2Rはやや向かい方向でもあったか、ややポイント伸びずの16Pだったけど計38P。なかなか!!

スタン&ママ、ママがスタンのスタートを見てから、ゆっくり構えてスロー。それでも、しっかりスタンの前にディスクが出ている。呼吸が良くなっているんだな、スタンとパパとママとの。1R最後の1投、場外に出たスローをスタン君追って…ちょうどその辺りに並んでいたウイ軍団タープに御挨拶。「ちゃんと投げてね」というスタンの主張だったのかなぁ? 16P。
2R、やや流れるディスクもあるものの、スタンしっかり見てキャッチをしてゆく。ラスト1投、ギリギリ入るかというトコロ…ああ、スタン途中でディスクを落としてしまった。12pの計28P。

…なんだ……M島さんがラインジャッジでも関係なかったやんか、staten家。

テリー&爺。
1投目に場外で、そこでたまたま見学していた犬にテリー吠えられてしまった。驚いて戻ったテリー、当然ディスクを忘れてる。爺がディスクを拾いに走り、時間もロスしてしまうが、勿論リズムも崩れてしまうだろう。1R1キャッチしかできず7P。
2Rは、しかし鬱憤をはらすかのよう。テリー、落ちて来るディスクを最後までしっかり見て、確実なキャッチ。スタンもテリーもディスクの際を見定めて捕れるようになっている、う~~ん、すごいなぁ。時間ギリギリで爺が出したディスクは、低く速く、さすがのテリーでも捕れず…2Rは28Pまでポイントを伸しただけに…残念!! 計38P、おお~~本日ダメなのは…ワタシ達……いや、ワタシだけかい……

ワタシがなんだか疲れて眠っている間。
テノンの歩様が怪しいというコトで、staten家は急遽撤収したらしい。ウイ軍団のみなさま、迅速な作業お疲れ様でした、ごめん。

公式小型決勝、予選通過1位がチョビだとアナウンスが聴こえて起き出したワタシ…まずかったか? プレッシャーかけちゃったか?? チョビ&パパ、残念、天国から地獄……

さて、オープン決勝は追い風がやや強くなっている中。
M島さん、さすがのコントロールあるディスクでロング5本の40P。見事に優勝!!

なので、食事だけの筈が「駐車場で泊まっちゃえ」とゆ~コトになり。
(夜、食事をとらない、ワタシがビールを呑んでしまうのがいけないのだが)。その後、お風呂のある場所で呑めるからと、そちらに流れ。
M島さん、酎ハイのグラスを余分に頼んで、ワタシ達のグラスが空くやいなや、注ぐ注ぐ!……わんこ酎ハイ状態。

その上、仕事が忙しいと体が強制的に止めてしまうんだろうが、生理までやってきて、へろへろとなってしまったワタシであった。
でも、楽しかった♪
M島さん、おめでと~~

2006.10.03 | Comments(0) | Trackback(0) | フリスビー

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

ちんまり

Author:ちんまり
東京のチベットに生息。
エルフ・ノエル・ジュエルの、玉付きなのに呑気な3ウイペット(通称える3)と九官鳥「こた様」と、フリスビーの日々。
ダンナもふくめて、思いっきりマイペースな集団はB型とゆ~しかあるまい。

HPはこちら
http://2.pro.tok2.com/~mamu2/

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。