スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

千葉ポー1日目

ちろ&パパ、ユース優勝おめでとー!をテノン&ママ、チャレンジ優勝おめでとー! ドロドロのコートだったけど、ウイ軍団みんな頑張りましたよ♪

スポンサーサイト

2008.04.19 | Comments(2) | Trackback(0) | フリスビー

熊谷2日目

20080323084526
昨日はスタン&パパ、ゆめ&パパ優勝。堺ではちぃ&パパ決勝で48Pの大まくりで優勝!
本日は、テリ坊&Mちゃん、ユース優勝! 
おお2日連続でユースはウイが優勝だよ。
堺はちぃ&パパの2大会完全制覇! ひえ~

2008.03.23 | Comments(3) | Trackback(0) | フリスビー

熊谷1日目

20080322090328
おおお~いい天気だ~

2008.03.22 | Comments(1) | Trackback(0) | フリスビー

自転車引きの効果が….3

さて、初日ユース2日目シニア参戦のボキ。
シニアはいつも、かなり濃い目のチームが集まるので大変ではあるが。
このところ、ボキ絶好調である。ユース1Rはロング×3+ミドルで、ダンナ自己ベストの29P! 2Rもボキはよく走ったものの、追い風でキャッチのタイミングが変った所為と、苦手の左にたれるディスクで1キャッチしかできず、決勝を逃してしまう。
シニアも同じような内容だったが、3投しかできないラウンドがあり(ダンナが左に思いっきり刺したら、ボキすねた)2R30P。
3位に30Pで複数チームが並んでいたのだが、こちらも入賞ならずだった。

しかし…今年のボキは、冬に足を傷めることもなく、8歳だというのにこれまでのシーズンで一番いいんじゃぁないか?
まぁ…無茶はできないけども、結局…自転車引きの効果が一番あったのは「ボキ」だった、とゆ~こと?!

のん吉、初日のビギナーも1Rはやや集中を欠いたものの、2Rは戻りもよくなっていたし。こっちも「効果」アリだなぁ~もっと、キャッチをさせてあげられたら、一段と楽しくなりそうな雰囲気がある。いや、こちらも、まもなく7歳だけんども。

初日はビギナーにテノン&ママも参加。日曜はダッぴゅ&じ
しかし、くきざきBコート名物の「真横風」で犬にあわせてディスクを出すコトに、やや苦戦のお二人であった。う~ん、場外もいたしかたないか。statenママは腱鞘炎を患っているから、いたしかた無いかと。…じ……は「お~~い!」だけんど。
テノン君、パパとのチャレンジはなかなかさまになって来てるんだけどね。1R3キャッチもあったのかな?
でも、場所に慣れて来た所為か、周りに見知っているヒトを見つけると、そちらを思いっきり見てたりして。

スタン選手は初日ペア、2日目ユースとレディスで復帰。
もう、溜まりにたまっての高テンションで、走る走る。その姿を見ている限りは、足の心配はなさそうなのだけど…ワタシと同じで「また怪我をさせるのが怖い」とstatenパパもママも、きっと思っていただろうなぁ。ともあれ、ペア2位はいい復帰祝いになったよね♪

2日目。
ナナココパパは、ココと2人だけでチャレンジとユースに参加。
パパはAコートのユースに、ちと気後れしてたかも。それよりなにより「ママとね~ちゃんがいないの…」って心細かったらしい、ココちゃん。ウイは群れ意識強いからなぁ~~じゅ~だって、ワタシと2人っきりだと「ダンナと父ちゃんと兄ちゃんがいないの…」って、きっと走らないぞ。
ココパパ、気を落とさずがんばってね。

ちろるさんはユースにパパとママとの2エントリー。日曜は気温も上がっていたからダイジョブか?と思っていたのだけど。
ママとのラウンドで一時、足が鈍くなったものの、4Rをしっかり走った、ちろる。ママの「1R1右場外」もなんだか堂々として来た…って、そんなコト言われても嬉しくあるまい、すまん。
パパは「今回、思いっきり追わせる」というスパルタスローだったのだが、それをちろるが良く追う追う! スピンの強いディスクだったので、ロングのキャッチは惜しくも出来なかったが、素晴らしい意欲だった。

テリ坊はじ、とMちゃんとユース。ホントに皆、何ラウンドも走ってくれるよなぁ~Mちゃんは、思いっきり振り切るスローで、低めでも滞空時間がある。じ、は…なんだか「置きに行く」感じだったぞ。そういうワタシも、じ、のコトは言えないが。テリ坊とのコンビでは、紆余曲折しながらも、4月からは公式オープン宣言があった、じ、である。
「格」の違いに負けずに、思いっきり投げてくれよ~~!

staten家、本搾りにおにぎり、ごちそうさま!
ジャスミン家、苺ごちそうさま!
バレンタインにナニもしていないのに、ホワイトディの頂き物、ちろ家、ありがとう♪
ゆめ家、あれこれ飲料、差し入れありがとう♪
クララ家、次回は宴会参加いたします~ありがとう♪
K祝さま、ほたての稚貝美味でございました、ありがとう♪
(うう、誰か忘れていそうだな…)
しかし、我が家はいつも、もらってばっかりだな…

皆様、ありがとうございました、お疲れさまでした。
また、お会いいたしましょう。

2008.03.11 | Comments(4) | Trackback(0) | フリスビー

自転車引きの効果が….2

閑話。
本日はえるボキ8歳の誕生日である。
ヒトがウイペットを解っていなかった故に、しなくてもいい怪我の経験を(しばしば)させてしまったが、病気は全くなかった。
零家との良縁で子供達にも恵まれ、共にフリ大会を楽しんでいる。
ドッグショウに関しては、chにしてやれず、ヒトの不明を恥ずかしく思うばかりだったけど、あの世界の端っこを経験させてくれたし。
今、ボキはディスクに関してもめちゃめちゃ元気である。「8歳にして立つ!」ってそんなコトあるのか!?
皆の誕生日の度に「なにもできなくて、ごめんなぁ~」と書いているけど、本日は犬用ミートローフでお祝い♪
ボキの誕生日の度に書いているけど、ボキが来て出会った皆様とわんこたちに感謝、ボキに感謝感謝。

ディスクで元気なボキを見て、ダンナ曰く、最近のボキは「ちょいやる親爺」だそうな。
また無事な1年を、元気に9歳を迎えられますように、ボキ。


さて、じゅ~さん。
くきざきはまぁ、全面ではないし、ものすごく状態がいいとも言えないが一応芝である。朝は冷え込んで霜が降りていたが、凍結してはおらず、その後天候も上々。
が…いつもは盛大に悶えるじゅ~が、芝で悶えない。

朝、ひとまず鎮痛剤は飲ませており、とにかく「あ、キャッチしてもそんなに痛くないんだ」とじゅ~が感じてくれれば良しとしていた。2Rの終わりには、それなりに楽しいの顔になって来ていたのだけど…スローするワタシの腕が伸びない、低めにさす中途半端なディスクに終止する。
それが「最初のキャッチの後、やや前足を気にしている様子だったから」と、いうのは言い訳なんだと、2日目1R後、マリンPに指摘をいただいて痛感した。

体が縮まってしまってる、大きいフォームを意識してゆったり投げる、調子の悪いときこそ、あえて、と。
ディスクキャッチの後、じゅが「また足を傷めるのではないか」とどこか、頭の片隅にあり、年明けから訃報等も含めて私的にも落ち込んでいる精神状態である。
ホント、本来ならそんなんで大会出るな! だ。

零パパにも以前言われているのに、どうやってそれを吹っ切って、投げればよいのか解らなくなっていた。
じゅとワタシ、お互いの調子が良ければ思いきってのびのび、楽しくプレイできる。
が、状態が悪い時は、それで仕方がないだろうと思ってしまうが、そうではないのだと。

マリンPに、コート開放での練習を見ていただいていた。ディスクを拾って戻ってくるときのワタシの顔、笑っていない、とマリンP。
そりゃ、コートの中で顔だけ笑っていても、沈んだ気持ちでなげるディスクでは、じゅ~だって気が付くだろう「ちんちゃん、ホントは笑ってない」って。

2日目の2Rはワタシには絶好な追い風。
「全部デッドに入れる!」…ってそれは無理だが、気持ちだけは。今の状態で「思いきって振る」なら場外があっても当たり前と、マリンPも言ってたし、ワタシもそう思っていた。
でも、右へ左へ低めへ場外へ、と乱れながらも、じゅ~はロングを2キャッチ。
から元気でも、ゆったりしっかりスローするコトで、声も出るし足も動くのだ。それに応えて、じゅ~もやっとほんとうの「楽しい顔」が戻ってきた。

くきざきが終わったら暫く、止めようかと思っていたのだ、大会を。
遊びを楽しめる心境ではなかったから、じゅ~を楽しませる余裕なんて実は、なかった。
でも、マリンPに救われて、楽しいラウンドができて、今日は依然として頭にもやもやはあるものの、気持ちは少し前向きになりつつある。
なんとゆ~か、色々な意味で奥が深く…素晴らしいなぁと思うのだ、ドッグスポーツって。
ワタシは関わるみなさまとえる3達に、ものすごく、救われている。

え~明日以降に続く

2008.03.10 | Comments(7) | Trackback(0) | フリスビー

自転車引きの効果が….1

千葉ポー大会。
ジャンプキャッチして降りた後、前足をひきずるじゅ~がいた。
「うわ…またやっちまった…」
ワタシはショックというかなんとゆ~か、おそらく一瞬、頭真っ白だったと思う。

実際は、パッドの端にほんの少しの炎症があっただけで、重篤なコトではなかったのだが。
翌日の朝も、会場で朝地元のわんこを追い掛け回して「爆走」していたくらいだから。
でも、ジャンプの着地のあとはやはり痛むらしい。アスファルトの上を歩く時にも痛がる素振りで、首を上下させて歩いていた。

スタン選手とかち~坊とかならば「遊ぶ楽しさ」が勝って、気にしない程度のことだったろう。でも、まぁ無理しないのもじゅ~の良いところだと思うが。

その、ち~坊。
千葉大会の2日目の朝に「飼い主ほったらかし状態ノーリード」で近寄ってきた犬に対して、家族を守ろうとした、ち~と555でトラブルが起ってしまった。
ち~の目の横にふぁいの牙があたってしまい、幸い眼球には傷はなく、もう順調に回復はしているのだけど。

ち~坊はじゅとは違う。片目を腫らし、出血しながらもディスクを追っていた…

ち~もやっと手術から復帰したばかりなのに、じゅ~も久々の大会だったのに。大会に出ないで休みなさいと誰かが言ってるのか。
スタン選手も出場出来ずで「ウイ観音」とかゆ~のがあるなら、お参りに行かなきゃ、お祓いしなきゃ、などと言っていたのが先週である。

千葉が初参加だったのは、ウイペットのゆめちゃん。
我が家のタープを使っていただいて、その日は1日を過ごしてもらったのだけど…

今回のくきざき大会に連続参加したゆめ家は…
おお、すでにタープが! ゆめちゃんのバリケンが!!
「本格的にやります」と先週聴いたばかりなんだよ。う~ん、嬉しい。
久しぶりに新しいウイのディスク参加である。

大会出場当初のワタシ等とゆ~と、ウイは我が家のみ、周りは知らない人と犬だらけで、心細い思いをするときもままあった。
それでも日向家がいたり、FN母に色々と教えてもらったり。Jパパとお話をさせて頂くようになってから、少しずつ諸先輩方とも話す機会ができた。

いまや、関東ウイ軍団もいるコトだし、ワタシ等があえてお世話しなくても良いし「よそ様の面倒を見ていられる立場か!」とセルフつっこみしたくもなるけどね。

千葉大会で、ゆめぱぱ。Bコートから移動するときに、うっかり競技中のAコート内を通り過ぎてしまったのだ。そのコートサイドにいた和尚に警告を受けたのは、後ろにいたうちのダンナだったと思うんだが。保護者として?

その後、ワタシ達が集まっていたBコートに来て和尚。「注意したらなぁ~胸ぐらつかまれて『文句あるのか』と言われたんや、この人(ゆめぱぱのコトである)に~えらい怖かったわ~~」…って。
ゆめぱぱはおそらく、点目になっていたと思う。

ビギナーで初出場のひとに、いきなり和尚のKYなつっこみ(ボケだろうか?)。でもそのあと和尚、ゆめちゃんの出番のトキ、しっかり応援してくれておりました。

いきなりワケわからん洗礼を受けたゆめチームであるが。
くきざきでは、N川さんやK祝さんから「あのこはいい~~!」と、ゆめちゃん絶賛。
レトリーブは完璧で、欲も高いのにテンションが上がり過ぎない。
ジャンプキャッチも空中で静止しているように見える、浮きがある、キレイな飛びなのだ。

パパも、千葉でもスローイングレッスンに出ていたのだが、今回もK祝さんのレッスンを熱心に受けていて、その後のラウンドで、すぐに上達が見られた。

楽しみなチームだよ。ど~も吹っきれず、もたもた足踏みしている「関東軍団(Jパパ除く…あたりまえだ)」をとっとと追い抜いて、上で大活躍してもらいたいものである。

2008.03.10 | Comments(4) | Trackback(0) | フリスビー

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

ちんまり

Author:ちんまり
東京のチベットに生息。
エルフ・ノエル・ジュエルの、玉付きなのに呑気な3ウイペット(通称える3)と九官鳥「こた様」と、フリスビーの日々。
ダンナもふくめて、思いっきりマイペースな集団はB型とゆ~しかあるまい。

HPはこちら
http://2.pro.tok2.com/~mamu2/

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。